潰瘍性大腸炎の患者は推定16万人以上

写真拡大

 潰瘍性大腸炎は厚生労働省の特定難病に指定されており、学生や若年就労層を中心に16万人以上の患者がいると推計されている。この病気は免疫システムに異常が発生し、炎症性のサイトカイン(細胞から分泌されるタンパク質)が過剰に生産されることで大腸に炎症が生じ、腹痛や血便を伴う下痢などの症状が起こる。

 慢性的疾患でもあり、通常は増悪と寛解を繰り返す。以前の治療は炎症を抑制するステロイド剤や免疫抑制剤などが中心だったが、近年はサイトカインの一つである、TNFαの働きを抑制する生物学的製剤が登場し、長期間の寛解を維持できる患者も増えている。

 東京医科歯科大学医学部付属病院消化器内科の長堀正和医師に話を聞いた。

「治療によって症状が治まっていても、実は大腸に炎症が起こったり、持続していることもあります。こうした再燃を早く見つけるためにも、定期的に腸の粘膜の状態をチェックする必要があります。炎症の有無は、従来は大腸内視鏡検査を行なってきましたが、患者さんからすると負担になる検査でした。そこで今年6月に便を採取して検査する、便カルプロテクチン検査キットが保険承認されました。内視鏡検査の補助としての利用が期待されています」

 カルプロテクチンというのは白血球から分泌されるカルシウム結合たんぱくの一種で、腸内上皮で炎症が生じると便の中に放出される。腸内で炎症が起こっている時だけカルプロテクチンが検出されるため、潰瘍性大腸炎の病態を把握できる。従来の血液検査に比べ、直接腸の炎症にかかわる物質の便での濃度を測るので、より炎症の有無の確認が的確にできるようになった。

 検査は専用の検便容器に自宅で1〜3グラム程度の便を採取して医療機関に提出する。専門の検査会社が1週間ほどでカルプロテクチンの濃度測定を行ない、医療機関に戻す。最大3か月に1回の検査が保険適応になっている。

「便カルプロテクチン検査は陰性的中率が高いので、陰性であれば腸の粘膜に炎症がないと判断でき、内視鏡検査を控えたり、検査期間を空けても問題ないと考えられています。陽性の場合は内視鏡検査を実施して炎症の状態を確認し、早めに薬の変更や新しい薬を開始するなどの治療方針を決める必要があります。個人的には、この検査は寛解になってから、あまり時間が経過しておらず、頻繁に内視鏡検査を希望しない患者さんに対しての補助的検査として、特に有用性が高いと思います」(長堀医師)

 この検査は大腸の炎症の有無を診るもので、大腸がんや前がん病変発見を目的としていない。そうであっても、患者の中には発症から時間が経っている、腸内の炎症範囲が広い、家族に大腸がん患者がいるなど大腸がんの発症リスクが高い人もいる。これら高リスクの人は定期的に内視鏡検査を行なうようにして、前がん病変を見つける努力をし、早めの手術など適切な治療が欠かせない。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2017年11月3日号