サソリやコブラなど、毒を持つ生き物は見た目からして恐ろしいものが多いですが、それらを捕食する天敵は、誰もが知る美しい生き物だそうです。

何かというと……。

 


答えはなんと孔雀

ええーっ、ちっとも強そうじゃないのに、本当に?

どうやって対抗するのだろうと疑問に思うところですが、孔雀は神経毒に耐性があり、毒虫や毒蛇を好んで食べるのだとか。

[画像を見る]
そのため美しさだけでなく、益鳥としても歓迎されてきた歴史があります。

仏教では邪気を払う象徴として「孔雀明王」として尊ばれてきたのも、それが理由とのことです。

生活の邪魔としか思えない飾り羽も、毒耐性を持つ余裕があればこそなのでしょうね。

【サソリやコブラの天敵は…誰もが知る「あの美しい動物」だった!】を全て見る