PSG、司令塔MFモッタがヒザのケガで3週間ほどの離脱に

写真拡大

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する元イタリア代表MFチアゴ・モッタがヒザのケガで3週間ほどの離脱を強いられるようだ。フランス『レキップ』が、試合後のウナイ・エメリ監督のコメントを伝えている。

▽今季開幕から公式戦12試合に出場するなど、PSGの中盤を取り仕切るモッタだが、27日に行われたニース戦を欠場していた。

▽PSGを率いるエメリ監督は、同試合後の会見の場でモッタがヒザの問題を抱えており、数週間の離脱となる見込みであることを明かした。

「チアゴ・モッタはヒザに痛みを抱えており、ここ3、4試合はケガを抱えながらプレーしていた。しかし、その後も状態は改善されておらず、プレーすることをやめさせた。代表ウィーク明け後の3週間ほどで戻って来ることを期待している」

▽また、スペイン人指揮官は「私は彼やドクター、フィジオと一緒に話をしてきたが、個人的に手術を受ける必要性はないと考えている」と、同選手が手術を必要とするような重傷ではないことを強調している。