故障者/札幌=深井、ヘイス、マセード、濱 鹿島=町田、小田
出場停止/札幌=なし 鹿島=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ31節
北海道コンサドーレ札幌 - 鹿島アントラーズ
10月29日(日)/16:00/札幌ドーム
 
北海道コンサドーレ札幌
今季成績(30節終了時):14位 勝点34 9勝7分14敗 32得点・43失点
 
【最新チーム事情】
●今節鹿島に勝利し、広島が敗れればJ1残留が確定。
●兵藤が戦列に復帰。
●ジェイの3試合連続得点なるか。
 
【担当記者の視点】
 前節のFC東京戦での勝利で勝点を34に伸ばし、あと一歩でJ1残留が決まるところまで漕ぎつけた。広島が敗れれば、という条件つきではあるが、鹿島戦の勝利で今節にもミッションコンプリートとなる。
 
 期待されるのはFWジェイだろう。2試合連続2得点中で絶好調。この夏に加入したストライカーがコンディションも高まり、目下絶好調の最中にある。チームとしても2連勝中で、流れも良い。前回対戦では、前半で3点を奪われた首位・鹿島が相手だが、今季は強さを発揮しているホームゲームでもあり、勝機は十分にあると言っていいはずだ。
J1リーグ31節
北海道コンサドーレ札幌 - 鹿島アントラーズ
10月29日(日)/16:00/札幌ドーム

鹿島アントラーズ
今季成績(30節終了時):1位 勝点64 21勝1分8敗 50得点・30失点
 
【最新チーム事情】
●疲労性の腰痛で天皇杯準々決勝の神戸戦を欠場した金崎が先発復帰の見込み。
●その神戸戦で、左膝の痛みで欠場した植田もスタメン予想。
●中盤右サイドには中村ではなく、遠藤が先発か。
 
【担当記者の視点】
 前節・横浜戦で今季8敗目を喫し、4日後の天皇杯準々決勝では神戸にPK負け。この2試合はともにアウェーで、今節の札幌戦も敵地での戦いと苦しい日程が続くが、悪い流れを断ち切ることができるか。
 
 注目は、25節・大宮戦以来の先発復帰が見込まれる遠藤。経験豊富なこのレフティが、巧みなゲームメイクを見せて流れを引き寄せられれば、勝機は高まるはず。天皇杯の神戸戦はコンディション不良で欠場した金崎や植田の奮起も期待したい。
 
 結果次第では首位陥落の可能性がある。常勝軍団の名にかけて意地を見せたい。