故障者/FC東京=森重、田邉、石川 清水=鄭、六平、飯田、村松、長谷川
出場停止/FC東京=なし 清水=なし

写真拡大 (全2枚)

1リーグ31節
FC東京-清水エスパルス
10月29日(日)/17:00/味の素スタジアム
 
FC東京
J1(30節終了時):11位 勝点38 10勝8分12敗 35得点・38失点
 
【最新チーム事情】
●前節は札幌に1-2と敗戦
●前節・出場停止のP・ウタカが先発出場か
●清水戦で『HAPPY HALLOWEEN!in 味スタ』開催!
 
【担当記者の視点】
 相変わらず流れの中から点が取れない。前節の札幌戦も相手ゴール前に迫りながら得点機をなかなか作れず、逆にジェイの個人技に屈して2失点と無残な敗戦を喫した。安間体制下でもスムーズな攻撃を展開できず、セットプレー頼みの感が強い。そんな現状を打破するには、P・ウタカ、大久保などアタッカー陣の奮起が不可欠。つなぐパスだけでなく、決定機に直結するような縦パスも駆使して局面を動かさないと勝利は掴めないだろう。
J1リーグ31節
FC東京―清水エスパルス
10月29日(日)/17:00/味の素スタジアム
 
清水エスパルス
今季成績(30節終了時):14位 勝点30 7勝9分14敗 31得点・48失点
 
【最新チーム事情】
●松原の出場停止が明けてスタメンへ。
●河井が怪我から復帰。途中出場の可能性も。

【担当記者の視点】
 前節の仙台戦は、アウェーで勝点1を確保し、J1残留に向けて着実に前進した。小林監督は守備の出来に手応えを感じたようだ。今節のFC東京戦も、堅守をベースにカウンターを狙う戦い方になるだろう。

 そこで鍵になるのは、CBコンビと2トップの出来。犬飼と二見は連係良好で、守備の安定感は増している一方、攻撃面ではやや迫力が不足している。T・アウベスと北川は一発を持っているが、チームとしての崩しの形も模索したい。