アメリカのバーガーキングが、面白いのに考えさせられる広告を公開して注目を集めている。

店内で起こるふたつの“いじめ”

店内では2つのいじめが発生する。

まずはバーガーキングの店内で、いじめにあっている高校生ジュニア。複数の同級生から、つつかれたり、からかわれたり、イスから落とされたり、飲み物をバーガーの上にかけたりと、誰が見ても“いじめ”とわかる行動をされている。

いじめられている本人は「やめてよ」と繰り返し口にするものの、目に見えるダメージは負っていない。

BURGER KING/YouTube

もうひとつは、店員からいじめられたワッパージュニア。パンチを食らわせたバーガーを、わからないように包装紙で包んで客に提供した。

BURGER KING/YouTube

店内の客たちは、どちらのジュニアを助けるために立ち上がるのだろうか。

95%の客が立ち上がったのは…

95%が立ち上がったのは、「いじめられたワッパージュニア」に対して。包装紙を開いて、外からはわからないダメージに気づいた顧客たちはカウンターに向かい、いじめられたワッパージュニアを店員に見せる。

BURGER KING/YouTube

その客の中には、いじめられた高校生ジュニアの横を素通りする人もいた。

BURGER KING/YouTube

すると店員は、「いじめられたワッパージュニアといじめられていないワッパージュニアのどちらを頼みましたか?」と客に質問する。後から合流したマネジャーも一緒になり、「深い意味はないんです。単なる遊びなので」と客に説明するのだ。

もちろん、客たちはそんな言い訳に納得するわけはない。

高校生ジュニアを助けたのは12%

一方、高校生ジュニアのために声を上げたのは12%にとどまった。

▼いじめっ子たちを追い払い、「この方が私も気分がいい」という女性

BURGER KING/YouTube

「理想の世界はおかしなことが起こっていたら、“それおかしいよ”と誰かが言える世界だと思うの」と語っていた。

▼遊びだったと答えるいじめっ子に対し、「彼は楽しんでいないからやめなさい」と諭す男性

BURGER KING/YouTube

「世の中で最悪なのは、誰も助けてくれないと感じること」と語る彼自身も、いじめにあったことがあるという。

実際にいじめられたことのある高校生たちの姿も動画には登場する。

▼「チェルシーが来て、助けてくれたの」

BURGER KING/YouTube

また、「友達が助けてくれたことは絶対に忘れない」と語る男子高校生もいた。

そして「いじめていいジュニアなんていない。いじめを止めよう」というメッセージが流れて、この動画は終了する。

10日間で250万回以上再生

この動画は10月17日にYouTubeで公開されると、10日間で249万3000回ほど再生された。また、公式Facebook上でも46万回以上再生されている。

「世界中で毎年30%の学生がいじめにあっている」という。バーガーキングは、この広告に込めた思いを、下記のように説明している。

バーガーキングはみんなの頭に王冠を載せ、思い通りにふるまってもらうブランドです。いじめはその真逆にあるもの。だからこそバーガーキングは、いじめ反対の声を上げるのです

「すばらしい人生の教訓だ」「いじめられている子を見て、何もしない人がいるなんて」「とてもおもしろい。そして素敵なメッセージだ」「オレを感動させてどうする気だ」など、メッセージに心打たれた人からのコメントも1200件以上寄せられている。

また、いじめられたバーガーを黙って受け入れた、5%の人々への驚きの声も上がっていた。

▼動画全編はこちらから