鹿島戦での警告を振り返った神戸FWルーカス・ポドルスキ

写真拡大

 ヴィッセル神戸のFWルーカス・ポドルスキが27日に自身のツイッター(@Podolski10)を更新し、25日の天皇杯準々決勝・鹿島アントラーズ戦(1-1、PK-5-4)で受けたイエローカードについて言及している。

 ポドルスキは天皇杯初出場となった鹿島戦の前半43分に右CKのポジション取りでイエローカードを受けた。MF小笠原満男にマークされる中で両手を広げた際、左腕がGKクォン・スンテの顔に当たったと判定されたようだが、小笠原の手がクォン・スンテの顔を押しているようにも見え、ポドルスキは思わず苦笑い。

 試合はPK戦の末に神戸が制したが、ポドルスキは納得が行かなかったのか、ツイッターで同シーンの動画を掲載し、絵文字付きで「イエローカード。日本での面白い瞬間…」と皮肉交じりに振り返っている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●第97回天皇杯特設ページ