故障者/新潟=R・フランク 鳥栖=谷口博之、チョ・ドンゴン、河野広貴、福田晃斗、V・イバルボ
出場停止/新潟=なし 鳥栖=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ31節
アルビレックス新潟 - サガン鳥栖
10月29日(日)/14:00/デンカビッグスワンスタジアム
 
アルビレックス新潟
今季成績(30節終了時):18位 勝点16 3勝7分20敗 22得点・58失点
 
【最新チーム事情】
●前節・磐田戦は終了間際に失点し、引き分けに終わる。
●今節は引き分け以下でJ2降格。勝っても他会場の結果次第で降格の可能性あり。
●オフ明けのトレーニングで足首を捻ったソン・ジュフンも大事には至らず。
 
【担当記者の視点】
 他会場のキックオフ時間の関係で、前節・磐田戦はハーフタイムにも降格が決まる難しい状況だったが、選手たちの集中力は乱れず、二度のリードを奪った。試合終了間際に追いつかれたのは痛恨だったが、アウェー連戦中に降格することなく、今節のホーム鳥栖戦に可能性をつないだ。
 
 大局は変わらない。引き分けか負けた時点で降格が決定、勝っても他会場の結果次第で降格する。しかし前々節のG大阪戦、前節と、選手たちは土壇場で底力を発揮。高い集中力は、簡単に揺らぐことはないだろう。
 
 今週のトレーニングでの接触プレーで足首を捻ったソン・ジュフンの状態が心配されたが、大事には至らず。ロングボールでの攻防がカギを握る鳥栖戦に向け、準備している。
J1リーグ31節
アルビレックス新潟―サガン鳥栖
10月29日(日)/14:00/デンカS
 
サガン鳥栖
今季成績(30節終了時):8位 勝点44 12勝8分10敗 37得点・37失点
 
【最新チーム事情】
●前節は神戸にアウェーで逆転勝ち。指揮官の采配が光った。
●イバルボら怪我人が続出。チームの底力が問われる。
●選手起用やシステム変更など、来季につながる試合にしたい。
 
【担当記者の視点】
 前節の神戸戦は、見事な逆転勝利。フィッカデンティ監督の采配が光り、選手交代とシステム変更で神戸の攻撃に対応した。

 今節は、結果次第でJ2降格が決定する新潟が相手。直近の2試合では、集中力の高いパフォーマンスを見せており、簡単な試合にはならないだろう。主軸のイバルボと福田が怪我で欠場するだけに、イタリア人指揮官の選手起用に注目が集まる。ルーキーの石川がチャンスを与えられそうで、しっかりとアピールしたい。