酒の肴が美味い季節になり、仕事帰りに1杯…という人も多いはず。そこで気を付けたいのが、血糖値だ。酒に含まれる糖分や、つまみなどによって血糖値が急上昇し、本格的な糖尿病や動脈硬化へ進むことも気にしなければならない。そこで、酒とどうやって上手に付き合うべきか、専門家にその極意を聞いてみた。
 まず、東京都内の内科系クリニック院長、徳永宏丈氏は、こう言う。
 「私も毎日のように飲んでいますが、酒好きの皆さんは誤解されていることが多い。例えば、いまだに酒や高カロリー食が血糖値を高くすると思い込んでいる人がいます。しかし、血糖値を上げるのは糖質で、酒を飲んでも、それ自体で血糖値が上がることはありません。むしろ海外では、酒を飲むと血糖値が下がることが常識になっている。そのため、米国の糖尿病学会でも、“酒を飲む場合は低血糖に注意”と言われているほど。酒好きはもっと安心して飲んでください」

 ただし、徳永氏が酒を勧める裏には、「血糖値コントロールが良好で、合併症などがない場合、つまみや酒が糖尿病の発病の抑制に働く」という、あくまで“適度な量”との意味が含まれている。
 確かに、ビールや日本酒は比較的糖質が多く、飲めば血糖値は上がる。しかし、これらを大量に摂取したり、高カロリーのつまみを多く摂らなければ話は別ということだ。
 また、焼酎やウイスキー、ジン、ウオッカなどの蒸留酒を飲んでいれば、血糖値は上がらない。肴についても、低脂肪で高タンパク質なもの、例えば豆腐、枝豆、イワシ、鶏肉などを摂っていれば、心配することはない。
 ほか、ワインには糖質は含まれているが、こちらは飲めば血糖値が下がることで知られている。

 医療ジャーナリストの深見幸生氏は、こう言う。
 「血糖値が気になる人は、最初から糖質の多い酒は避け、肴でも脂肪の少ないものを摂るように心掛ければいいのです」

 例えば、欧米の医療系大学の合同研究チームが、肥満や運動不足などが原因で発症する2型糖尿病患者を対象に行った調査がある。190人の患者を対象に毎晩ワインを飲む群と、ノンアルコール群とに分けて1年間にわたり早朝の空腹時の血糖値を調べたところ、前者のほうが平均22㎎/dlも血糖値が下がったという結果が出ている。
 「もともとワインには、ポリフェノールが含まれており、適量であればコレステロールを下げ、動脈硬化や脳梗塞を防ぐとされている。同じような研究結果は、2015年5月にチェコのプラハで開かれた欧州肥満学会でも報告されている。そこでの報告者であるイスラエルのベングリオン大学教授のアイリス・シャイ氏らは、『健康的な食事と少量のワインで、安全に糖尿病のリスクを軽減できた』としている。こちらは、糖尿病患者を毎日夕食時、赤ワイン1杯を飲む群と水を飲む群に分け、2年間の追跡調査をした結果です」(同)

 前出の徳永氏は、こう続ける。
 「酒をよく飲む方は、意外にも血糖値に対する関心が高い。そのこと自体は大変結構なことだと思っていますが、大半が勘違いしている場合が多い。私のところに来る患者さんでも、いつも血糖値測定器を持ち歩いて、食事や酒を飲んだ後に何度も計測する人がけっこういます。必要以上に神経質になっているわけですが、結局、酒を飲んだからといって極端に血糖値が上がる人はいません。問題は“どれだけ糖質を含んでいるか”ですから、飲んだ量を気にするよりも、その酒の種類を考えて飲めばいい。そんな説明を、私も患者さんにしています」

 では、具体的に酒の場でどのような飲み方が健康にいいのか。
 アルコール健康医学協会関係者は、こうアドバイスする。
 「アルコールの代謝能力には個人差があるので、一概には言えません。しかし、血糖値が気になる人や深酒を避けたい人は、最初の乾杯でビールを飲んだとしても、2杯目からは焼酎やワイン、ウイスキーなどに切り換えチビリチビリやるのがいいでしょう。また、酒と同じくらいの量の水を並行して飲むこともお勧めします。これで血液中のアルコール濃度も薄まり、ひどく酔っ払うことはありません」