本田真凜【写真:Getty Images】

写真拡大

12人中10位、ほろ苦のGPデビュー…元米国代表の名選手「望んだ形ではないものに」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは27日(日本時間28日)、女子ショートプログラム(SP)で本田真凜(関大高)は転倒などミスが響き、52.60点で12人中10位。ほろ苦のGPデビューとなり、大会を中継したIOC運営の五輪専門チャンネル「オリンピックチャンネル」で解説を務めた元米国五輪代表の名選手は「シニアでのスタートは望んだ形ではないものになった」と言及している。

 本田は公式戦で初披露した新プログラム「ザ・ギビング」で挑んだが、連続ジャンプの3回転トーループで転倒。ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)も抜けるなど、序盤のミスを引きずった。52.60点とスコアを伸ばせず、12人中10位と不本意な結果になった。

 中継した「オリンピックチャンネル」で解説を務めたトリノ五輪男子5位のジョニー・ウィアー(米国)は演技後、「アクセルに関しては残念です。本田にとって、シニアレベルのスタートは望んだ形ではないものとなりました」と紹介した。

 「ポテンシャルはあります。氷上での美しさと優雅さ」と能力を評価しながら「3回転―3回転の後、挽回ができませんでした。自信が揺らいだようですね」と言及している。

 9月のシニアデビュー戦となったUSクラシックは圧巻のVデビューを飾っていた。米NBCスポーツも10位と出遅れながら、SPを振り返った特集の中で本田に言及。注目度は高かったが、結果を残すことはできなかった。

 それでも、ポテンシャルは評価されている16歳。フリーでは本領を発揮し、巻き返すことはできるか。