おやつにもおかずにもなる!覚えておきたい里芋団子レシピ3選

写真拡大

これからが旬の里芋。秋から冬にかけて、スーパーなどでもよく目にする食材です。代表的な食べ方としては煮物などが多いと思いますが、里芋団子にすると、味付け次第でおかずにもスイーツにもなり、いろいろ楽しめるのでオススメです。

お弁当にもぴったり!みたらし里芋団子

甘辛のみたらし団子味で、冷めてもおいしいからお弁当にもぴったりの里芋団子レシピです。

【材料】

・里芋…250g

・上新粉…100g

・豆乳…50g

・かたくり粉…適量

★しょうゆ…大さじ2

★みりん…大さじ1

★砂糖…大さじ1

★水…大さじ3

【作り方】

1)里芋をゆでて皮を剥きつぶす

2)ボウルに1と上新粉と豆乳を加えてよく混ぜ合わせる

3)2を串団子くらいの大きさに丸める

4)★の材料をすべて混ぜ合わせてタレを作る

4)サラダ油をひいたフライパンで、3を弱火で10分ほど全体に焦げ目が付くように焼く

5)4にタレを流し入れて、さっとからめたら水溶きかたくり粉でとろみを付けて完成

タレをいれてからは手早くしないと焦げてしまうのでご注意を。外はかりっと、なかはもちっとしている食感のギャップがたまらない一品です。

寒い日に食べたい!里芋団子の白菜ロール

ロールキャベツが白菜と里芋に様変わり! ベーコンと里芋団子のもっちり感が相性ぴったりです。

【材料】

・里芋…250g

・白菜…6枚

・ベーコン…6枚

・白ネギ…1/2本

・かたくり粉…大さじ2

・コンソメ顆粒…小さじ1

・しょうゆ…小さじ1

・ショウガ…1片

・水溶きかたくり粉…適量

【作り方】

1)白菜をラップに包み、電子レンジ(600W)で3分加熱する

2)里芋をゆでて皮を剥きつぶしたらボウルに入れて、白ネギのみじん切りとかたくり粉を加えてよく混ぜる

3)キッチンペーパーで白菜の水気を切り、ベーコンをのせ、6等分にした2をのせて巻く

4)鍋に水300cc、コンソメ顆粒、しょうゆ、3を入れて15分程度煮込む

5)白菜ロールを取り出し、残った汁に水溶きかたくり粉を入れ、すりおろしショウガとしょうゆを加えて味を調えあんを作る

6)白菜ロールを食べやすい大きさに切って、あんをかけたら完成

ショウガの風味がおいしい一品で、カラダのなかからポカポカになれるはず。

小豆でほっこりの里芋ぜんざい

口のなかでとろんととろける里芋団子はぜんざいにしてもおいしくいただけます。ほっこり甘く温まるレシピは…。

【材料】

・里芋…250g

・白玉粉…80g

・豆乳…50cc

・ゆで小豆…お好みの分量

【作り方】

1)里芋をゆでて皮を剥きつぶす

2)ボウルに1と白玉粉、豆乳を入れて混ぜ、耳たぶくらいの硬さになったらスプーンに山盛り1杯くらいに分けて丸める

3)沸騰したお湯に2を入れ、浮き上がって2〜3分たったら取り出す

4)ゆで小豆に3を入れて完成

ココナッツミルクやタピオカを入れて洋風にアレンジしてもおいしいですよ。

いろいろな使い道がある里芋団子。里芋は食物繊維も多くヘルシーなので、旬のおいしい時期に、様々なアレンジをしてたくさん食べちゃいましょう!

(文・姉崎マリオ)