ロシアW杯賞金総額は454億円! 優勝賞金47億円、出場国支給額11億円

写真拡大

▽来年に開催されるロシア・ワールドカップ(W杯)の賞金総額が決定した。国際サッカー連盟(FIFA)は、27日にインドで行われた理事会でロシアW杯の賞金総額が4億ドル(約454億6000万円)で承認されたと発表した。

▽賞金総額は、前回大会より4200万ドル(約47億7000万円)増加。優勝国に3800万ドル(約43億1000万円)、準優勝国に2800万ドル(約31億8000万円)、3位入賞国に2400万ドル(約27億2000万円)が支払われる。

▽また、出場国32カ国に対しては、準備金として150万ドル(約1億7000万円)が支給。グループステージ出場で支払われる800万ドル(約9億円)を併せると、出場国は950万ドル(約10億7000万円)を手にすることになる。