20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の企業で事務の仕事をしている吉村明子さん(仮名・37歳)。かなり明るい栗色のストレートヘアに、太めに引かれたアイラインなど、派手な印象を受けました。年齢より若く見えますが、ややぽっちゃりした体型がタイトなワンピースからはっきりとわかるなど、アンバランスさも感じます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は栃木県で、両親と1歳下の妹との4人家族です。父親は普通のサラリーマン、母親は薬剤師の仕事をしていました。両親ともそんなに厳しくもなく、過保護でもなく、家族仲も良かったです。でも、うちは妹が20歳前に妊娠して、できちゃった婚をしたので、両親は私の異性関係には少し口うるさかったかもしれません。“付き合ったら紹介しなさい”とか、“絶対に隠さないで”とか言われていましたね。妹の前では普通なんですが、やっぱり大学在学中に妊娠して学校を辞めてしまった妹のことをどこかで認めたくなくて、私にはそうなって欲しくなかったのだと思います」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「医療系の専門学校の時ですね。私は医療事務の資格を取ろうと思って専門学校に進んだんですが、そこで出会った別学科の男性でした。わたしの科は女性ばかりで、まったく出会いなんかなかったんですが、たまたま同じ科にいた友達が別の科に男友達がいて、よく一緒にグループで遊ぶようになっていたんです。そのグループにいた1人ですね。

彼はそこまで男前でもなく、タイプでもなかったんですが、告白されたのでまぁいいかなって感じでした。彼のことはもちろん付き合っていくうちに好きになっていったんですが、それよりも男女交際ってこんな感じなんだと恋愛している自分が楽しかったのかもしれません。もちろん、両親にも紹介しましたよ。彼の真面目そうなところに両親は私の彼氏として大歓迎って感じでした。でも彼とは半年も経たずに別れてしまうんですけどね……。下級生の中に好きな人ができたと、振られちゃったんです。そこから学生時代は誰とも付き合ってないし、好きな人もできなかったですね」

その後、進学のため都内で1人暮らしを始めますが……。

学校を卒業後は医療事務の仕事を都内で始めます。初めての1人暮らしは、孤独ばかりだったと言います。

「職場では仲良くしてくれる友達もできたんですが、休みの日まで遊ぶような気の合う子はできなかったんです……。栃木から学生時代の友達も何人かは上京していたんですが、その子たちも地元にいる時から2人きりで遊ぶような仲良しの子ではなくて……。実家から早く出たいと思っていたのに、実際の1人暮らしはすごく孤独でしたね。いろんな華やかな場所がある東京なのに、一緒に出かける友達がいない、そして彼氏もいない……。東京に住みだして半年ぐらいは、もう栃木に帰ろうかなとよく考えていました」

明子さんは習い事を始めて同世代の友達を探しますが、ここでもうまくいかず……。ついにはネットで友達を探し出します。

「あるSNSに登録していたので、そこにあるコミュニティーに書き込んである友達募集の人にメールをして、会っていました。もちろん女の人限定です。ネットで出会いは探してなかったし、当時は今ほどネットでの出会いもオープンなものじゃなかったですから。女の人なら安心して会えました。20人以上に会ったと思います。色んな人がいましたよ。同性愛者の人や、ネットワークビジネスの勧誘、年齢を偽っている人もいました。そして、そこで仲良くできそうな1人の女の人に出会いました。彼女は事務の仕事をしている、キレイな人でサバサバしている話し方が好感を持てました。年齢も2歳上くらいだったので、同世代の友達がやっと東京でできたと思いましたね。

彼女とはどんどん仲良くなり、週末はもちろん、平日の仕事終わりなども彼女と行動することが増えました。そして彼女と出会いを求めて、コンパに参加したり、パーティーなどに参加するようになったんです。彼女は交友関係が広くて、色んな飲み会に声がかかっていたみたいで。なかなか気になる人もできなかったんですが、そんな出会いを繰り返して2年ほど経った時、ある1人の男性を気に入りました。でも、その人のことをまさか彼女も好きになるとは……」

女友達を介してさまざまな人脈を増やしていき、東京での生活は楽しいものに変わっていったと言います。

気になる男性は、東京で見つけたたった1人の女友達の気になる人だった。最初は諦めようとするものの、彼女の態度に気持ちも変化していき、そして彼の態度も変わっていき……。〜その2〜に続きます。