ひふみん「聡太は名人になれます!」記録を塗り替えた藤井四段にエール

写真拡大

将棋界のレジェンドで、“ひふみん”の愛称でお馴染みの加藤一二三が、10月28日放送の『おかべろ』(カンテレ、毎週土曜14:27〜)にゲスト出演することがわかった。

この番組は、テレビ局近くのダイニングバーを舞台に、常連客の岡村隆史(ナインティナイン)と店主の田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が、有名人から“ここだけ”の話を引き出していくシチュエーショントークバラエティ。

同じ事務所で同じ名字のザブングル・加藤歩と登場したひふみん。62年前、14歳と7か月で最年少棋士になって以来、数々の記録を打ち立ててきた自身のことを“大天才”と称するひふみんに、岡村と田村は圧倒されてばかり。さらに、「僕が一番先生のことわかっている」というザブングル加藤も、ひふみんのマイペースな会話にどんどん置いて行かれてしまう。しかし今年、ひふみんが持っていた最年少プロ棋士記録を約60年ぶりに更新し、30年ぶりに連勝日本新記録を成し遂げた藤井聡太四段の話題になると、「名人に聡太はなれます!」と将棋界の新星にエールを送る場面も。

また、御年77歳ながら、健康年齢46歳、骨年齢27歳というひふみん。健康の秘密を聞かれると、「フランスのルルドにある奇跡の泉に漬かった」という不思議なエピソードを告白。真剣にその泉について熱弁するひふみんに対して、悪乗りした岡村とザブングル加藤は「裸で入っていいんですか?」「荷物はどうしたらいいんですか?」など質問攻めにする。

そんな中、棋士引退後の話題に。今後やってみたいことを聞かれると、「卓球なんかはやる気がありますね」と答えたことから、テレビでは初となる卓球をやってみることに。さらに、最近食レポの仕事を初体験したが、料理はできないというひふみん。しかし、過去に「夜中、孫におにぎりを作ったことがある」ということで、今回はおにぎり作りにも挑戦。水も塩も手に付けずご飯を握り始め、衝撃的なおにぎりが完成する。