私たちがよく知る桶狭間の戦いでのクライマックスシーンは俗説だった?(写真:たき / PIXTA)

桶狭間の戦いは、若き織田信長が、都(京都)への上洛をもくろんだ今川義元の大軍に、少数の兵力で勝利した合戦として物語などでは語られている。
しかし、近年の研究では、これまでよく語られてきた戦いの内容に疑問が提示され、その実像についても新たな見直しが行われている。
「日本史を学び直すための最良の書」として、作家の佐藤優氏の座右の書である「伝説の学習参考書」が、全面改訂を経て『いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編』『いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編』として生まれ変わり、現在、累計20万部のベストセラーになっている。
本記事では、同書の監修を担当し、東邦大学付属東邦中高等学校で長年教鞭をとってきた歴史家の山岸良二氏が、信長の「桶狭間の戦いの勝因」を解説する。

謎が謎を呼ぶ?より深まる桶狭間の真相


永禄3(1560)年5月、京都への上洛を目指して駿府(静岡市)を出陣した今川義元は、当時すでに駿河・遠江・三河(伊豆を除く静岡県と愛知県東部)を領有する大大名でした。これを阻止しようと立ち上がった織田信長は、まだ尾張(愛知県西部)のうちの北部をやっと確保していた小大名。今川軍は大軍を率いて尾張国桶狭間(愛知県豊明市付近。田楽狭間とも)まで進軍します。

そこへ先発隊による緒戦での勝利が報じられ、気をよくした義元は、この細い窪地で行軍を停止し、酒宴を催し始めます。

しばらくすると雨が降り出し、やがて豪雨に変わると突然、背後の山から喚声がとどろきます。迂回路からひそかに布陣していた信長軍が、義元の本陣に向けて怒濤の奇襲をかけてきたのです。雨の中を右往左往する義元。そしてついに、信長の家臣・毛利新助の手で、義元はあっけなく討ち取られます──。

この、私たちがよく知る桶狭間の戦いでのクライマックスシーンは、江戸時代初期の作家、小瀬甫庵(おぜほあん・1564〜1640)が書いた『信長記(しんちょうき)』に記されたストーリーで、長く一般に信じられてきました。

現代のドラマなどでもしばしば再現されてきたおなじみの展開ですが、近年の研究では、信長が行った作戦は、「迂回からの奇襲」ではなく「正面からの突撃」だったとされ、義元の酒宴も俗説の可能性が高いといわれています。

ただ、それでは兵力に勝る優勢な今川軍に、なぜ寡兵の信長が勝利できたのか説明がつきません。

今回は、現在、解明が進んでいる「桶狭間の戦いの真の姿」と「信長、本当の勝因」について解説します。

今回も、よく聞かれる質問に答える形で、解説しましょう。

Q1. 桶狭間の戦いとは何ですか?

永禄3(1560)年5月19日に尾張国桶狭間で行われた、織田信長と今川義元との合戦です。これまで一般的に知られていた合戦の概要は、

大軍を率いて上洛を目指す義元に対して
寡兵の信長が
桶狭間の隘路で義元が休憩したすきをつき
迂回路を使って背後の山に回り込み
突然の豪雨に乗じて「奇襲」を行って
慌てふためく義元をその場で討ち取った

というものです。

Q2. 信長の「見事な勝利」といえますね。

非常にドラマチックな展開です。しかしそれゆえに、こうしたストーリーには疑問が持たれています。

実際、信長の家臣だった弓の名手・太田牛一(ぎゅういち)による『信長公記(しんちょうこうき)』には、上記のような「迂回しての奇襲」ではなく、谷沿いの最短ルートを進み、雨が上がった後に「正面攻撃」を行ったと記されているのです。

桶狭間はギャンブルだった?

Q3. 「正面攻撃」となると、信長は「無謀な賭け」に出たわけですね?

それは違います。

信長は「短絡的な人」「短気な性格」というイメージが強いですが、実はかなりの合理主義者でした。根拠がない、理屈が通らない物事を嫌います。

確かに、今川軍の襲来は彼にとって大きなピンチでした。しかし、彼は状況を冷静に受け止め、「最善の方法」を模索して「勝利への自信」を得たうえで、この決戦に臨んだものと考えられます。

Q4. では、「劣勢の信長」は、なぜ勝てたのでしょうか?

そこが大きな疑問です。

現時点でまだはっきりした結論は出ていませんが、それをひもとくための「いくつかのカギ」はあります。

近年の研究を基に、信長が勝利できた理由(仮説)を挙げてみます。

【理由1】義元が大軍を率いていなかった可能性

義元の率いた軍勢の総数は2万5000といわれ、この大軍を率いて京都を目指したとされています。しかし、近年はその義元の上洛説が否定され、桶狭間は「単なる国境をめぐる出兵」という見解も出されています。

もしそうだとすれば、そうした局所的な紛争にそれほどの大軍が動員されたとは考えにくく、実際の兵力はもっと少なかった可能性もあります。

【理由2】信長の兵力が2000よりも多かった可能性

一方の信長が率いた軍勢は、一般には2000といわれています。

これを基に、戦国時代の標準的な軍役だった1万石当たり250人で計算すると、信長の支配していた所領は8万石となります。

当時の信長は尾張統一の途上にありましたが、総石高43万石のうちわずか5分の1以下という数字は少なすぎるのではという指摘もあります。

こうしたことから、桶狭間での信長は、2000から3500くらいの兵力を持っていた可能性も考えられます。

天にも味方される信長の幸運

【理由3】義元本隊にうまく接近できた

当日の信長は、運にも恵まれていました。

信長が義元の布陣する桶狭間に出陣すると、にわかに天候が変わり、今でいう「ゲリラ豪雨」のような大雨に襲われました。雹(ひょう)が降ったと思われる記録もあり、付近の大木が倒れるほどの暴風雨だったとされます。

信長はその中を進軍しますが、幸運にも風雨を背中から受ける形で比較的行軍が容易だったのに対し、今川軍には真正面から雨が降りつける状態で、その間は織田軍の接近を察知できませんでした。

【理由4】新兵器「鉄砲」を使用した可能性

当時はまだ鉄砲(火縄銃)が珍しく、全国にもほとんど普及していませんでしたが、信長は少なくともその7年前から鉄砲の導入を始め、実戦での運用を試していました。

この戦いでも、雨が上がってから攻撃が開始されたことや、織田軍の突入時に煙が上がったなど、攻撃時に「鉄砲が使われた」可能性を思わせる記録が残っています。

Q5. 信長はこれらの理由が複合的に合わさった結果、勝てたのですか?

それだけではありません。【理由1〜4】を考え合わせても、今川軍と全面対決するには、まだ信長は兵力的には不利な状況です。

では、信長が勝てた「さらなる理由」は何でしょうか。

【理由5】敵を分散させ、一点に集中して攻め込んだ

今川軍は、別の織田方の軍に引き寄せられて、ほかの前線での攻撃や防衛部隊、そして義元の本隊など、複数の離れた場所に「分散して配置」されていました。

その結果、このとき桶狭間にいた義元の本隊は5000ほどだったともいわれ、信長の本隊との兵力の差はそれほど大きなものではなかったのです。

限られた兵力の信長には、この状況の到来こそが千載一遇の好機でした。

ただし、これは単なる幸運ではなく、信長が綿密な情報収集を行い、こうした今川軍の状況を逃すことなく把握した結果、もたらされた好機でした。

この好機を逃さず、攻撃対象を義元の本隊ひとつに絞ると、一気に集中攻撃をかけることで、織田勢は今川義元を討ち取ったのでした。

日本史は「進化」している

信長の代表的エピソードの1つとして、従来語られてきた桶狭間の戦いでのドラマチックな展開は、近年では「フィクション」として否定されています。

そのため、今後、この合戦をテーマにしたドラマ等の映像作品は、大きくシナリオを変更する必要に迫られることになると思われます。

今回、取り上げた「桶狭間の戦い」に限らず、ここ数十年で日本史の解釈は「大きく変化」を遂げています。

「新たな歴史的史料の発見」に加えて、「当時の記録(1次史料)の解読・研究」の著しい成果により、日本史の「常識」が大きく変化、進化しています。

そのため、歴史の教科書の記述も、かつて「私たちが学校で習った内容」とはかなり異なる部分も増えています。

ぜひ「最新の日本史」を学び直し、その変容ぶりを実感しつつ、「歴史の教養」をいっきに身に付けてください。