女性が7割!すすきのの相席店に『マツコ会議』が潜入

写真拡大

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00〜)。100回目となる10月28日の放送では、女子があまりまくっているという“すすきのの相席店”から中継をつなぐ。

人口は女性が104万人に対し男性91万人と、もともと女性の割合が高い札幌。相席店をのぞいてみると席にはほぼ女性のみで、店員からは「だいたい女の子の方が多いです。7対3くらい」と驚きの発言が飛び出す。男性不足の実情に対し、マツコが客に「やっぱりある程度の年齢いっちゃうと(男性は)東京とかに出ちゃうの?」と聞くと、「出世して転勤したとかはよく聞くし、先輩もほとんど道外に出ちゃったので男の人と喋るのが久々。ここにリハビリに来ているようなもんですね」という返答で、苦笑いを浮かべるマツコ。

また、店内には「余ってしまった」美女たちが女子会のように集まっており、男性と相席できればそれだけでラッキー。なんと70歳のおじいさんと相席したという24歳の女性もいるという。そんな中、インタビューをしていた21歳の女性2人組のところに男性客が登場する。収録中に起こったビッグチャンスに一瞬盛り上がったものの、大人っぽい彼女たちにシャイな男性たちが恐縮しっぱなしのちぐはぐなやりとりに……。マツコも「はい、ごめんね1回止めるよ〜」と制し、「すすきの過酷だな〜ほんと」としみじみ語る。ほかにも札幌の女性たちの過酷な実情が続々と判明。止まらないすすきの美女たちの不満に、マツコはどう答えるのか。