超名門・東福岡の10番にして主将。福田はこの重責を「楽しめるようになった」と語る。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 およそ20年ぶりに足を運んだ東福岡高校は、まるで様変わりしていた。かつての面影は跡形もなく、宮殿のような校舎と人工芝で埋め尽くされた広大なグラウンド。贅沢にも志波芳則総監督に構内を案内してもらいながら、ずっとぽかーんと口を開けていた。
 
 それでも、サッカー部を取り巻く空気感はどことなく変わっていない。
 
 先輩後輩の垣根がほぼないオープンな雰囲気があり、そのうえで途轍もない緊張感と集中力で練習に臨み、互いを高め合っている。3冠を達成した1997年当時も200人近い部員がいたが、現在は300人を超える大所帯だ。そんな彼らが一堂に会してボールを追う光景は、壮観ですらある。
 
 超が付く名門・ヒガシでキャプテンを担うプレッシャーは尋常ではない。かつて本山雅志や宮原裕司が着けた栄光のナンバー10は、攻撃の大黒柱にしか与えられない。今年、このふたつの栄誉を託されているのが、1年時から主要メンバーの攻撃的MF福田湧矢(ゆうや)だ。
 
「最初はどっちもプレッシャーでしかなくて、重かった。自分がやらなきゃいけないという責任感が強く出過ぎてしまって。でも、いろんな浮き沈みを経て、いまはそれを楽しめている自分がいます」
 
 インターハイ本大会は2回戦で青森山田の後塵を拝し、プレミアリーグWESTは勝ち切れない試合が続き、優勝戦線から脱落。福田は「今年のチームはレベルが低いと周りに言われてきた」と苦虫を噛み潰す。だがその中で、チームは反骨精神と一体感を培ってきた。主将だからこそ感じ取れる手応えがあるのだろう。「悔しさをバネにしてきた。走りの部分では負けない自信があるし、個が足りないならそこでカバーしようと、みんなで話してます」と力を込める。
 
 そんな東福岡から、今年はふたりのプロ選手が誕生した。守備の要のCB阿部海大はファジアーノ岡山の門を叩き、福田は、ガンバ大阪を進路に定めたのだ。
 
 夏にガンバの練習に参加した際は、少なからずショックを受けた。だが一方で、通じた部分もあったという。
 
「アンダー23とトップのどちらにも参加させてもらいました。レベルが高くて、当然ですけど高校生とは何段階も違う。とくにトップは凄かったし、遠藤(保仁)さんなんて次元が違うなと感じましたけど、意外とやれた部分があったんです。ドリブルというか、仕掛けのところは通用したので、少しですけど自信になりました。逆に守備はぜんぜん。話にならなかったです」
 
 来春の入団後は、ひとつ上の先輩でガンバに入団したMF郄江麗央と同じく、U-23チームに軸足を置くだろう。仲がいいと言う郄江からは常時アドバイスをもらっているという。そのガンバU-23を率いる宮本恒靖監督の印象を尋ねると、「少しだけ話してもらいました。すごくクールでしたけど、オーラが半端なかったです(笑)」と答えた。
 
 では、ガンバは福田のどこを評価して獲得するに至ったのか。ガンバOBで現スカウトの朝比奈伸氏を直撃した。1年時から動向と成長を注視していたようだ。
 
「福岡選抜で優勝した和歌山国体の時からですね。彼は高1でした。ボランチというか中盤の真ん中をやっていて、あの時の印象がものすごく強く残ってます。その後、東福岡ではあの独特のサイドアタッカーをやり、3年になってからはシャドー。ドリブルでの仕掛けができるし、ボールを持ってパスも出せるのはやはり魅力です。しかもキャプテンを任されてからは、積極性がいい意味でプレーにもよく表われているように思います」
 
 とはいえ、プロで一旗上げるためには、課題が少なくない。朝比奈スカウトは指摘する。