中国ならではの詐欺が展開された

写真拡大

 今年に入って中国各地で「中国人民解放軍幹部」と称して、「軍が発行する高利回りの債券」を売りつける詐欺事件が多発しており、今年7月から10月までの3カ月間で、270人の偽軍人が逮捕されていたことが分かった。

 中国では「銃口から政権は生まれる」と言われるように、人民解放軍幹部は中国共産党政権の重要な構成基盤であるのに加えて、320万の将兵を擁する世界最大の軍隊であり、その絶大なる信用を利用しての詐欺事件が後を絶たない。

 中国国営の中国中央テレビ局によると、北京では今年に入って男女の詐欺師2人がそれぞれ「将軍」と、その秘書の「大佐」と名乗って、「軍関係者でなけれれば買うことができない特別な債券(軍債)がある」と言葉巧みに「あなただけに特別に売ってもよい」と持ちかける手口で、数百人が騙される大規模詐欺事件が発生。被害総額は少なくとも1500万元(約2億5000万円)に達したという。

 中央軍事委員会規律検査委員会所属部隊と警察が協力して捜査した結果、今年7月にこの偽軍幹部2人を逮捕。2人が宿泊していたホテルの部屋から偽の名刺や携帯電話5台が見つかり、自宅には偽の軍服が段ボール箱10箱に詰め込まれていたという。

 中国では軍幹部を騙る詐欺事件が多発しており、軍事委規律検査委と警察は今年7月から10月まで集中捜査したところ、270人の詐欺犯を逮捕。彼らが持っていた偽の軍服や軍用銃、身分を表す肩章などの各種の関連品は合計で1万5000点以上にも上ったという。

「人民解放軍幹部」を名乗っての詐欺事件で被害総額が最も多かったのが2014年8月の北京市内での事件だ。中国内陸部の陝西省出身の農民3人がそれぞれ「中将」、「大佐」とあろうことか「国防大臣」になりすまし、総額3400万元(約6億5000万円)をだまし取ったもの。

 その手口は、まずは「大佐」役の男が北京市内などの建設会社を訪問し、「海軍の基地建設プロジェクト」があるとして、「引き受けてくれれば、十分な建設費用を支払う」などとして計19社に持ちかけて、プロジェクト受注の見返りにマージンを要求。

 本物のプロジェクトあると信用させるために、「プロジェクト担当の中将と国防大臣にも会わせてやる」などと述べて、偽の事務所に呼んで、言葉巧みに騙していた。3人の逮捕後、警察が事情聴取にきた段階で、ようやく騙されたことに気付いたというほど、3人をすっかりと信用していた関係者もいたという。