画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●トヨタ、二酸化炭素を出さない新世代「SORA」を公開 - 写真32枚

「第45回 東京モーターショー2017」が開幕し、10月28日から11月5日まで一般公開される。計153社・団体が参加した今年の東京モーターショーでは、国内・海外主要メーカーのコンセプトカーや最新モデルに目が行きがちだが、バスだってすごい! 当レポートでは東京モーターショーの会場で見た、バスの展示車両について紹介したい。

○トヨタ「SORA」は2020年までに100台以上導入予定

まずはトヨタの燃料電池バス(FCバス)のコンセプトモデル「SORA」から。「受け継がれていく街のアイコン」をコンセプトに開発された同車は、燃料電池「トヨタフューエルセルシステム」を採用。水素と酸素の化学反応によって発電し、走行時に二酸化炭素や環境負荷物質を出さない設計となっている。車両後方の上部に設置された燃料電池は大容量外部給電システムを搭載しており、災害時に電源として利用することも可能(供給電力量は約235kWh)。体育館1つの避難所に対して、4〜5日分の電力を供給できるという。

車両の全長は10.525m、全幅は2.49m、全高は3.34m。従来の路線バスに見られる箱形から脱却するべく、大きく異なる立体的な造形としている。車内もステップを減らすなど、多くの人が利用できる車両をめざしたとのこと。ベビーカー・車いすスペースに自動格納機構付き横向きシートも新設。普段は映画館の席のように折りたたまれており、ベビーカー・車いす利用者がいない場合は一般利用者も座ることができる。定員は乗務員含めて79人で、座席数は22席とされている。

走行時の安全にも配慮し、変速ショックのないモーター走行と、急加速を抑制して穏やかに発進できる加速制御機能を採用。車内で立っている乗客のことも考えている。ドライバーの死角にはカメラを設置し、バス周囲の歩行者や自転車を検知して、音と画像で知らせてくれる。ゆくゆくはバス停への自動正着機能によって、バス停とバスの隙間を約3〜6cm、バス停車位置から前後約10cmの精度で停車可能になるそうだ。

「SORA」の市販型は2018年から販売開始を予定しており、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都を中心に100台以上を導入するという。モーターショーの会場には「SORA」に合わせたバス停もあり、五輪開催中をイメージした映像が半透明ディスプレイに写されていた。

●日野、いすゞ、三菱ふそうの大型車両に震える - 写真42枚

○「日野ポンチョEV」は電気モーターと静音性を重視

続いて紹介するのは日野自動車のブース。東京都墨田区、東京都羽村市、石川県小松市で営業運行中の「日野ポンチョEV」が展示されていた。電気モーターなので走行中に二酸化炭素が発生せず、静音性にも自信があるそうだ。

「日野ポンチョEV」は、約10kmの運行ルートを1運行ごとに充電する「高頻度充電コンセプト」にもとづいた設計だ。全長6.99m、全幅2.08m、全高3.1mで、定員は乗務員含めて36人、座席は11席となっている。

バスの中は、小型といえど広々とした印象を受ける。座席の一部をはね上げシートにしたところ、車いす・ベビーカーでもスムーズに乗車できるようになり、バリアフリーにも特化しているようだ。日野自動車ブースでは他にも、子供たちによる「未来のトラック・バス」のイラストが展示されている。

○商業車の矜持を持つ、いすゞ「エルガ」

いすゞブースでは、「FD-SI」「ISUZU 6×6」「エルフ EV」などを紹介。大型路線バスの「エルガ」も出展されていた。

「エルガ」は今年8月、平成28年排出ガス規制に適合した改良版が発売された。LEDヘッドランプも配備し、夜間の視認性向上にも努めている。こちらは全長11.13m、全幅2.485m、全高3.045mで、定員は乗務員含めて87人、座席は29席となっている。

内装はバリアフリーを意識しており、優先席まわりの安全性を確保。運転席の足回りも広めに設計されている。展示車両の至る所に、コンセプトワードである「運ぶの時代に、できること。」が書かれており、商用車を作り続ける気概を感じさせた。

○三菱ふそう、約10年ぶりに進化した「エアロクイーン」が登場

「LIGHT UP TOMORROW」をテーマにした三菱ふそうでは、大型観光バスの「エアロクイーン」を展示していた。約10年ぶりにリニューアルを果たしたモデルだという。

新世代エンジンと独自AMT「ShiftPilot」を搭載したことで、国内大型観光バス初となる全車AMT化を果たす。エンジンに直列6気筒7.7L「6S10」型を搭載したことで、平成28年排出ガス規制にも適合した。三菱ふそうのブースでは、「エアロクイーン」の車内で「FUSO Future TOKYO Experience」というVR体験を行っている。