「優れたリーダーはみな小心者である」。この言葉を目にして、「そんなわけがないだろう」と思う人も多いだろう。しかし、この言葉を、世界No.1シェアを誇る、日本を代表するグローバル企業である(株)ブリヂストンのCEOとして、14万人を率いた人物が口にしたとすればどうだろう? ブリヂストン元CEOとして大きな実績を残した荒川詔四氏が執筆した『優れたリーダーはみな小心者である。』(ダイヤモンド社)が9月22日に発売された。本連載では、本書から抜粋しながら、世界を舞台に活躍した荒川氏の超実践的「リーダー論」を紹介する。

「人格者」ぶってみたところで、周囲には“馬脚”は丸見え

 優れたリーダーは人格者である――。
 多くの人がそう考えています。たしかに、私がこれまでに接してきた優れたリーダーは、みな「人格者」という言葉がぴったりくる人物ばかりです。あらゆる人に対して公平で、懐が深く、謙虚。誰かの悪口を言うこともなく、常に周囲に対してポジティブに接する。厳しさのなかに、やさしさが備わっている……。そんな人物こそが、優れたリーダーであるのは事実だと思います。

 ただ、だからといって、人格者をめざす必要はないと私は考えています。
 なぜなら、それは非常に難しいことだからです。私自身がそうです。私は平凡な人間ですから、失礼な部下がいれば腹も立ちますし、簡単な仕事すらうまくできない部下がいればイライラを感じます。心身ともに疲れたときには、ネガティブな気持ちになることもあります。それが、ウソ偽りのない自分なのです。

 にもかかわらず、「人格者でなければ……」などと考えて、そんな自分を矯正しようとしても苦しいだけ。しょせん無理な相談ですし、人格者ぶってみたところで、周囲の人々には“馬脚”は丸見えです。だったら、素のままの自分でいたほうがよほどいいのではないでしょうか?

 とはいえ、だからと言って開き直っているようでは、リーダーとして成長することはできません。では、どうすればいいのか?
 私の答えはこれです。合目的的であることに徹する。これに尽きると思うのです。
「合目的的である」とは、目的に合致する言動に徹するということです。ある部署のリーダーを任されているのであれば、その目的は、その部署に課された目標を達成すること。であれば、その目的に適うことだけをやり、目的に適わないことは一切やらない。これを徹底することによって、結果として、自然と人格は備わってくる。私は、そう考えているのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)