男子中高生はSNSをどう使っているのか、女子高生たちに聞いてみた(写真:Fast&Slow / PIXTA)

「インスタ映え」や「SNOWで自撮り」など、“スマホと若者”といえば女子中高生の話ばかり。では男子中高生は何をしているのか、気になったことはありませんか。でも男子はあまり心を開いてくれません。そこで今回は、女子中高生から見た「男子中高生のSNS事情」をお伝えします。

男子高校生はSNSで何をしている?


この連載の一覧はこちら

SNSの流行は女性が牽引しています。SNOWやBeautyPlusなどの自撮りアプリで撮った写真をSNSに投稿したり、「インスタ映え」を狙って人気のスイーツショップに並びInstagramに投稿したり、世代を問わず女性は積極的にSNSを活用して楽しんでいます。

一方、男性はSNSで何をしているのでしょうか。男性とSNSといえば、「Facebookおじさん」という言葉がネットをにぎわせました。Facebookを愛用している中高年の男性に向けて、若い女性たちが「Facebookおじさんは筋トレ報告をやめろ」「Facebookおじさんは若い頃の写真をイケてると思ってアップするな」といった、「おじさんのFacebookあるある」です。

しかし、その下の世代の男性についてはあまり話が出てきません。女子中高生がスマホに夢中なのと同様に、街で見掛ける男子中高生もスマホを持っているにもかかわらずです。

デジタルアーツが3月に発表した「未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査」によると、男子中学生の81.6%(女子中学生は82.5%)、男子高校生の97.1%(女子高生は100%)がスマートフォンを使っています。男女の所有率はほとんど変わりません。

しかし、同調査によると、男子高校生の最も多いスマートフォンの利用時間は1〜3時間未満。女子高校生は3〜6時間未満と、圧倒的に長いです。女子のほうがスマホにはまっているといえそうです。

また、高校生の使用頻度が多いアプリは、男子女子ともLINEとTwitterが多いのですが、女子はInstagramが50.5%に対し、男子は22.3%、Facebookは女子が9.7%に対し、男子は17.5%と少し違いがあります。

「男子はさ、Twitterやっててもあんまり投稿しないんだよね。でもこっちのツイートは全部読んでる」とは、女子高生A子さんの弁です。先ほどの調査でも、女子高校生の76.7%がSNSに投稿すると回答していますが、男子高校生は62.1%と少し低めです。とはいえ、回数は少なくても何かしら投稿しているのでは?と女子高生たちに聞いてみました。まずはTwitterについてです。

「遊びに行ったとき友達を撮って投稿してるね」
「ああ、隠し撮りみたいなブレブレの写真ね。こいつ誰?みたいな」
「自撮りはあまり見ないかな」
「女子の悪口をエアリプみたいに書いてる人もいるじゃん。化粧濃いとか。直接言えっつの」
「それと、人のフォロワー見て、かわいい子にDM送るとかマジやめてほしい」
「そうそう! 友達のスマホからそいつのアカウントとかで送ってくるんだよね」

男子は風景や「全体写真」が多い

では、女子が大好きなInstagramはどうでしょうか。前述のようにInstagramは男子高校生の利用率が22.3%と低めで、私はどちらかというと20代前後の利用が高いように感じていますが、女子高生たちに聞いてみました。

「インスタ好きもいるよ。サングラスして自撮りしてる」
「あー、ブルーとか黄色の透けてるサングラスね」
「あと、靴アップしてる」
「この夏はNIKEのベナッシとかめっちゃ見た」
「時計とかファッション多い」
「アプリで彩度上げてね。いるいる」
「壁に寄りかかってポーズとかしてさ-」
「あいつ、彼女にそれ撮らせてるんだよ」
「きも」
「彼女にポーズさせてる写真もあるよね。彼女もインスタ映えのためかよ」
「そのくせデートは割り勘なんだって」

話が逸れてきましたが、Instagramでの男子はファッションアイテムや風景に人が入った写真、大勢で集まったときに撮影した全体写真などが多いようです。また、アカウントを持っているけれど投稿はゼロという男子も多いそう。

それでは、Instagramでいま最も利用されている「ストーリー」はどうでしょうか。「ストーリー」とは24時間で消えるショートムービー投稿機能です。

「投稿してない人でもストーリーはやってたりする」
「友達がジュース飲んでるところとか、よくわからないやつ」
「うちらが投稿したストーリーは見てるよね(※ストーリーは閲覧者の履歴が残る)」
「見てるー。見るためにアカウント取ってるんじゃない」
「あと、イキってる(粋がっている)動画とか上げてない? お酒飲んでるところとか」
「消えると思って調子に乗ってるんだよね」
「悪ぶってるのとかダサい」

どうにも辛口なのは女子会なので勘弁していただくとして、ストーリーでは飲酒や喫煙の動画を上げてしまう男子高校生がいるようです。悪ふざけしている様子をTwitterに投稿する「バカッター」も男性が多い印象です。つねに人からどう見えるかを意識して投稿している女子との大きな違いを感じます。

高校生になると、LINEを基本としてTwitterやInstagramへと利用SNSが広がります。しかし、中学生は圧倒的にLINEです。先ほどの調査でも、男子中学生の76.6%、女子中学生の81.6%がLINEの使用頻度が高いと回答していますが、Twitterは15%程度、Instagramは5%前後とかなり低い数値が出ています。

つまり、中学生はLINEが居場所なのです。あまり使われていないとされるタイムラインも、中学生は投稿しています。そして、最も活発に使われている機能が、以前「ひとこと」と呼ばれた「ステータスメッセージ」です。以前この連載「中学生はLINEの「意外な場所」に悪口を書く」で紹介したように、ステータスメッセージ(通称ステメ)は思いの丈を思う存分書き込む場所になっています。女子中学生は1日に何度もステメを更新しますが、男子中学生はどうなのでしょうか。女子中学生たちに聞いてみました。

「男子もステメでケンカしてる」
「学校でケンカした相手の悪口とか書きまくってるよね」
「相手が更新すると負けずに更新してて見るほうも忙しい」
「スクロールしてくとすごいことが書いてあってハラハラする」
「次の日学校で取っ組み合いになったりするしさ」
「あと、誰が誰を好きとか友達の好きな人をにおわせたりする」
「あるある! 付き合ったとか勝手にばらしたりね」
「ていうか、なんで男子って付き合ってることを内緒にしたがるんだろうね」
「女子はみんな知ってるのにねー」

SNS上で思いを隠す男子と、それを読む女子

中学生の女子からすると、男子中学生は少し子どもっぽく見えるのかもしれません。ある女子高生が話していたことを思い出しました。

「男子はさ、うちらが中学生の頃にやってたようなことを高校でやってる。気に入らない人をいじめたり。女子は高校生になると別にその人はその人って感じで気にならない。悪い自慢もどっちかっていうと中学生でやることだよね。精神年齢がずれてる感じ」

高校生なのに達観している!と驚きましたが、的を射ているように感じます。

さて、ここまで読んだ方は「女子はそんなに男子が憎いのか」と感じたかもしれませんが、そんなことはありません。ある女子高生は「バイトとか終わって疲れてると、誰かと無駄に電話したくなるんだよね。そういうときは男子にLINEで電話する。くだらない話にも付き合ってくれるのはやっぱり男友達だよ」と話していました。

粋がってみたり、ふざけてみたり、投稿を控えてみたり。男子のSNSは自分の思いを隠しているようですが、女子からはその複雑な気持ちが読まれているようです。男子から見た女子のSNSについても、いつか聞いてみたいと思っています。