「世界の街道をゆく」が放送2000回を達成! 二代目ナレーターの坂東巳之助が心境を告白/(C)テレビ朝日

写真拡大

テレビ朝日で放送中のミニ紀行番組「世界の街道をゆく」(毎週月〜金曜夜8:54-9:00※関東地区のみ放送)が、10月27日に放送2000回に到達し、二代目ナレーターを務める坂東巳之助が心境を語った。

【写真を見る】父からバトンを受け継ぎ2年半…。 巳之助の今後の目標は放送3000回⁉ /(C)テレビ朝日

同番組は、2009年10月1日にさまざまな歴史を刻んできた世界各地の街道を訪れる紀行番組としてスタート。

毎月ひとつの街道を取り上げ、そこで出会う人々の営みや自然の魅力的な表情を、穏やかなナレーションとともに新しい映像表現で届けてきた。

初代ナレーターを務めた歌舞伎役者の十代目・坂東三津五郎は、2015年2月21日にこの世を去るまでの5年半、明快かつ奥行きのある口跡で計1331回、65本の街道を紹介。

同年5月から父の仕事を受け継ぐ形で二代目ナレーターに就任した巳之助は、約2年半、30本の街道を紹介し、放送2000回という節目を迎えることとなった。

ナレーター就任当時、二代目に指名されたことへの感謝の言葉とともに「父が残してくれたご縁がつながった」と語っていた巳之助。親子二代で2000回の記録を達成した今、「今後の目標は父も思っていたかもしれませんが、『世界の車窓から』という前を走り続ける大先輩番組がありますので、並ぶほどの番組になれたらという思いはあります。街道がある限りはやり続けたいですが、具体的にあと1000回やれば父より回数は多くなるので、まずは放送3000回を目指します!」と熱い意気込みを語った。

■ 坂東巳之助 コメント全文

2000回の半分以上は父の仕事なので、僕としては大きな実感を伴って迎えたということではありませんでしたが、これだけ続くというのは並大抵のことではないですから。そういった番組に携わることができ、ありがたいことだと思っています。

収録中に父を意識することは特にありませんが、テレビから不意に自分の声が聞こえてくると、「声は父に似ているんだな」と思います。芝居にしてもナレーションにしても、人に何かを伝えるという作業は変わりません。

原稿をいただいた後は、実際に声に出したときの言いやすさ、耳にした時の聴きやすさを考えて句点の位置を変えたり、また収録中の段階ではその都度、映像の中の空気感が伝わるように心掛けています。

実を言うと、僕自身は全く海外旅行の経験がないので、自分が担当した街道はどこも印象に残っていますが、特に「ハワイ/知られざる楽園の道・アメリカ」(2016年6月放送)は記憶に残っています。

日本人にとってなじみのあるハワイですが、この番組では一般的なハワイのイメージとは違う道をたどっていたので、「こんな場所もあるんだな」とナレーションをつけながら興味深く見ました。

また、時々、「絶景ポイントに行ってみたけど今日は雨だった…」ということがあるんですけど、そうした映像が見られるのもこの番組ならでは(笑)。他の紀行番組にはない魅力の一つだと思います。

今後の目標は、父も思っていたかもしれませんが、「世界の車窓から」という前を走り続ける大先輩番組がありますので、並ぶほどの番組になれたら、という思いはあります。街道がある限りはやり続けたいですが、具体的にあと1000回やれば父より回数は多くなるので、まずは放送3000回を目指します!