“触覚”で時間を知る時計が実用的でオシャレです!

写真拡大 (全3枚)

フェイスには時分針も数字もなく、側面と表面に小さなボールが転がっているだけ。シンプルすぎる外観に一瞬戸惑いますが、これはれっきとした時計です。「BRADLEY X KATOKEN」は、2013年に米kickstarterで約60万ドルの資金調達に成功した“さわる時計 Bradley”の日本限定モデル。指で触って時刻を確認できる、ユニバーサルデザインな時計です。クラウドファンディングサービス・Readyforにて日本初上陸、10月24日より支援受付を開始しています。

側面に配置されたボールの位置から「時」を、表面のボールの位置から「分」を、それぞれ触って時刻を確認するという一風変わった仕様は、元々視覚障がい者のために開発されたもの。しかし洗練されたデザインは単純にカッコよく、使ってみれば意外なほど実用的! そんな理由から、障がいの有無はもちろん性別、年齢、国籍を問わず世界中で愛用者の輪が広がっています。

今回リリースされた日本限定モデルは、ブラインドサッカーでパラリンピック出場を目指す加藤健人選手とのコラボレーションによるもの。レザーストラップの深いネイビーはもちろん日本代表をイメージしたもの、バンドの裏側には加藤選手のニックネーム「KATOKEN」の文字が刻まれています。

支援コースは4万1698円からで、支援受付は12月15日まで。なお収益金の一部は、ブラインドサッカーの普及活動に使用される予定です。

>> Ready for「BRADLEY X KATOKEN」

 

(文/&GP編集部)