「横浜マラソンEXPO2017」で行われたスペシャルコラボトークショーに「陸王」(TBS系)から馬場徹、吉谷彩子、石井貴就らが登場!/(C)TBS

写真拡大

10月29日(日)に行われる「横浜マラソン2017」のランナー2万8千人が集まる一大イベント「横浜マラソンEXPO2017」が、10月27日に開催された。

【写真を見る】劇中に登場する「陸王」を初生披露!/(C)TBS

「―EXPO2017」では、役所広司主演ドラマ「陸王」(TBS系)とのコラボトークショーが行われ、出演者である馬場徹、吉谷彩子、石井貴就が登壇。さらに、本作でランナー役の指導・監修を行った青山学院陸上競技部長距離ブロック監督の原晋監督も登場し、2万8千人のマラソンランナーにエールを送った。

本作は、老舗足袋業者「こはぜ屋」が会社存続を懸けて、ランニングシューズの開発に挑む企業再生物語で、主演の四代目社長・宮沢紘一を役所広司、その息子・大地を山崎賢人が演じる。

また、実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員・茂木裕人役を竹内涼真、同部員・平瀬孝夫役を和田正人、さらに茂木のライバルである「アジア工業」陸上競技部の部員・毛塚直之役を佐野岳らが演じ、1話で本格的な白熱したレースを展開し話題となっている。

こはぜ屋への融資を渋る埼玉中央銀行融資課長・大橋浩を演じ、悪役ぶりが好評の馬場は「劇中では、黒縁眼鏡で嫌なやつなんですけど、今日だけは全面的にいいやつで押していこうかなと、爽やかブルーな眼鏡で参りました」と爽やかに登場。さらに、「ただただハッピーなやつですから! もっと良い人!(笑)」と笑顔で念押ししていた。

また、「こはぜ屋」最年少社員・仲下美咲役の吉谷は「こはぜ屋」の紙袋を持って登場し、「なんとこはぜ屋から『陸王』持ってきましたよ〜。私たちが今、一生懸命作っているシューズなんです」と、劇中で使用されている「陸王」を初めて生披露。さらに、原監督から実際に指導を受けたランナー・水木役の石井も劇中に出てくるシューズ「RII」を紹介し、会場を沸かせた。

そして、ランナーたちに「(走りが)少し早くなるポイントをお教えします!」と宣言していた原監督は、石井の体を見本にしながらフォームを特別指導。

原監督は「腕を振ることを意識する人が多いですけど、腕を振るためにバーベル上げたり、 腕立て伏せをする必要はないんです。肩甲骨周りの稼働領域を広げていくために腕を大きく回していくトレーニングが必要なんです」と熱く解説。

「マラソンのトレーニングというと1時間、2時間走る感覚を持っていると思いますが、今回『陸王』で走法指導してみて、究極、1500mを速く走る形を作れば、おのずとフォームがきれいになるなと分かったんです」と裏話を明かした。

大会当日の10月29日(日)には2話が放送される本作。馬場は「29日のマラソン大会で汗を流した後は、ゆっくりお風呂に漬かって、夜は『陸王』をぜひ見てほしい」とアピールした。

■ 2話あらすじ

「こはぜ屋」存続のために取引先銀行から勧められた提言を振り切り、「陸王」開発の覚悟を決めた宮沢(役所広司)だったが、開発への道のりは遠く険しいものだった。

目下、一番の懸案事項となっているのは、靴底のソール部分だ。試作で採用された生ゴムのソールでは、ランニングシューズで求められる耐久性は望めなかった。

そこで従来の素材に見切りをつけた宮沢は、以前、坂本(風間俊介)から紹介された、繭で作られた特殊素材「シルクレイ」を思い出す。ソールの素材としても期待のできる有望なものだと、ランニングインストラクターの有村(光石研)からも太鼓判を押されたシルクレイだが、その特許を持つのは飯山(寺尾聰)という人物だ。

飯山は2年前に自社を倒産させてしまい、それから消息不明だったのだが、坂本の助けもあり宮沢は飯山と会いに行くことに。