かつて、こんなにも「パンプキン」をいやらしく使うモデルがいただろうか。

男はこのエロティック・ハロウィン写真を、妻に捧げるために撮影をした。理由?そんなの深く考えないで、見れば見るほど笑いが込み上げてくる、この切なげな瞳に酔いしれてほしい。

トリック、オァ、トリィト…

【悲願】
5度目でようやく成功

撮影しているのは、フォトグラファーの妻Gayla Thompsonさん。彼女のポートフォリオのひとつに『Dudeoir』と名付けられた、夫のヌード集がある。

世界中の人が、「クスッ」と笑えるような撮影をしたいと言ってみたら、ノリノリでOKしたらしい。これは妻への愛を表現したもの、だと信じたい。

けれどなかなかヒット作が生まれず、なんと今回の“パンプキン祭り”は5度目のチャレンジだそう。ついに笑いの女神が微笑んだのか、Facebookに投稿するや否や、数々のメディアに取り上げられて10,000以上のいいね!を獲得。コメント2,000件以上というから、お見事。

「みんなに笑顔を届けられて、すっごく嬉しい!」

と、可笑しそうにコメントが届いた。せっかくなので、日常でエロティックを表現した、今までの作品も見ていただきたい。

どうぞ、ご賞味ください♡

Licensed material used with permission by Gayla Thompson,(Instagram),(Facebook)