季節は秋真っ只中。近年、そんな日本の秋を彩っているオレンジ色のあいつといえば、そう!ジャック・オー・ランタン (ジャコランタン)!今年もパーテーなピーポーが仮装してハメを外す季節がやってまいりました。そうです。ハロウィンです。

ここ数年でビタっと日本に馴染んできた感じですが、実際のところこれがどんなお祭りなのか知らないままやってんじゃないかと。ていうか、日本人に縁もゆかりもないこのイベントにウェーイ!と乗っかるのもどうにも抵抗感…そうです。僕は理屈っぽくつまらない人間です。

アンチハロウィン派っているよね?

でも、そんなハロウィンの盛り上がりを冷ややかに見ているアンチハロウィン派って少なからずいると思うんですよね。しかしながらハロウィンのこの勢い。このまま抗いながら暮らしていくには正直シンドイ。

というわけで、そんな生きづらい世の中を自分なりに“こじつけ”てみました。

 

 

柿が売れている

売れてるそうなんですよ。柿が。シールを貼ってジャコランタンの顔にした柿が。オレンジ色ってだけでカボチャでも何でもないのに。僕だって自分が売ってるLINEスタンプを、ハロウィン仕様にして通常より売れるんだったら大喜びでカボチャ描きまくります。それで潤って、笑顔になってる人達がいればもう海外の祭りだろうが何だろうが良いじゃない?って思えてきたんですね。

宗教観ガバガバの血脈

チャペルで結婚式をあげ、葬式には坊さんを呼び、何かと言えば神社で神頼みする日本人な僕。こんな宗教観ガバガバの血脈を引き継いでおきながら何を今更アンチハロウィンだと。結局、飲めて騒げて稼がせてくれて経済が回れば、日本人はみんなハッピーじゃないかと。そりゃ次はイースター(キリストの復活祭)盛り上げようぜって流れもきてる訳だと。

ていうか、日本人の古来の信仰が神道で、その神様が八百万いるならキリスト教、ユダヤ教、イスラム教(宗教が違うだけで崇めてる神様は一緒)の神も多分その中の1人だろうと。だったらもう良いじゃない!儲かるとなったらそのうちラマダンだって流行りだすかも!

という訳で、僕はハロウィンサイドに寝返りました。とはいえ、仮装はまだ抵抗があります。シンパシー感じた方は是非こちら側へ!ムムっと思った方は聞き流して次の記事をご覧ください。ハッピーハロウィーン!

過去の連載はこちら↓