小園海斗、藤原恭大【写真:Getty Images】

写真拡大

スカウト陣は早くも来季へ始動…2018年ドラフト戦線の展望、大阪桐蔭は大量指名も?

 NPBのプロ野球ドラフト会議は支配下、育成を含め、計114人が指名された。早実・清宮幸太郎内野手に1位指名で7球団が競合し、日本ハムが交渉権を獲得するなど、大きな話題を呼んだ。一夜明けた27日からスカウト陣にとっては指名挨拶に出向く一方、来年のドラフト会議に向けたスタートでもある。果たして、来年のドラフト戦線はどうなるのか。

 最も注目を浴びるのが、高校生世代だ。2000年生まれの「ミレニアム世代」は100回を迎える夏の甲子園大会を沸かせることになる。

 筆頭格は大阪桐蔭・根尾昂。投手で最速148キロ、野手でも遊撃手、外野手を守り、パンチ力を誇るスラッガー。同じく大阪桐蔭でエースを争う右腕の柿木蓮、左腕の横川凱の両投手も早くもスカウトの注目を集めており、藤原恭大外野手は2年生ながら今夏のU-18野球ワールドカップで1番打者としても活躍した逸材だ。幾多のドラ1選手を輩出してきた名門から大量指名もある。

 藤原とともに2年生で高校ジャパンに選ばれ、遊撃手を務めた小園海斗内野手もセンス抜群。早実で3番清宮を抑えて1年生から4番に座っていた野村大樹捕手は世代屈指の長距離砲で、早大進学が多い同校だけに進路が注目される。プロで一流選手が揃う横浜・万波中正外野手はコンゴ人を父に持つ注目の逸材。今夏の甲子園優勝に貢献した花咲徳栄・野村佑希外野手も面白い。

大学生は甲子園V腕、完全試合男…社会人は「公務員」発言で話題の剛腕も

 大学生に目を映すと、東京六大学では浦和学院時代にセンバツ優勝した早大・小島和哉投手、リーグ現役最多15勝の法大・菅野秀哉投手、東都大学では東洋大・甲斐野央投手、中川圭太内野手、日大・長沢吉貴外野手らが注目だ。

ほかにも昨秋の関東大学地区選手権で完全試合を達成した右腕・青島凌也投手、富士大の右腕・鈴木翔天投手、国際武道大・伊藤将司投手、大学日本代表を経験している立命大・辰己涼介外野手らがスカウトの注目を集めそうだ。

 また、即戦力として期待される社会人で注目は日本通運・生田目翼投手。流通経大4年春に時代に出場した全日本大学選手権で「将来は公務員になりたい」と発言したことで話題を呼んだが、当時から最速155キロ右腕として注目を集めていた。また、東芝の右腕・岡野祐一郎投手、ホンダ鈴鹿の左腕・平尾奎太投手、東京ガスの笹川晃平外野手ら、指名解禁の面々に実力者が揃う。

 こうして挙げたのは、ほんの一部。ここからの成長次第で新星が多く生まれてくるだろう。そんな逸材の中から1年後のドラフト会議で誰が脚光を浴びるのか。また楽しみなシーズンが始まる。