宮根誠司がフジテレビで新番組!?『ミヤネ屋』降板騒動の着地点

写真拡大

 フリーアナウンサーの宮根誠司(54)が、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)を来年3月末で降板し、フジテレビの新たな報道番組を担当すると、10月19日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)で、人気占い店 店長・まついなつきが騒動の行方を占った。

■『ミヤネ屋』降板or続投?

 10月19日放送の『ミヤネ屋』で降板報道を早速否定した宮根だが、まついは「フジテレビからの誘いはあった」と新しい提案を意味するタロットカードを示し、「けれど、宮根さん自身は乗り気ではなかった」と読む。

 その理由としてまついは、宮根が安定した現状を捨てて未知の番組へ移るというリスクの大きさを挙げた。「宮根さんにとって『ミヤネ屋』は自分の名前が付いた初の冠番組。夢が叶った証でもあると思うんです。夢をそんなに簡単に手放すわけはない」と続けた。

 まついは宮根に『ミヤネ屋』の続投を勧める一方、タロットに先細りの暗示があり、番組自体はリニューアルの必要があると指摘する。「フジテレビから声がかかったことを刺激に、これまで積み上げてきたよいものは残しながら『ミヤネ屋』の改革を行うことが番組にとっても宮根さんにとってもベター」と締めくくった。
(安舘美希)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock