オアシズ・大久保佳代子から学ぶ 「だめんず」と付き合わない方法

写真拡大

 “新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)にゲスト出演したオアシズ・大久保佳代子(46)。「仕事は順調、気になるのは恋愛と結婚」と話す大久保に、真言密教修験者・法演が本気のアドバイスを送った。

■大久保は、ダメなオトコを製造している!?
 
 今後、幸せな結婚ができるのかを相談した大久保に、法演は「このままでは厳しい。今までの恋愛に失敗しているのは見る目がないから」とバッサリ。

 しかも法演に言わせれば、大久保自身が相手をだんだん「だめんず」にしているという。「相手が求めていないのに、先回りして世話を焼いたり、おごったりを繰り返すうちに、相手もそれに慣れて何もしなくなってしまう」と指摘した。

 では、大久保が幸せな結婚を叶えるためにはどうすればよいのか? 法演は「割り勘でご飯が食べられる人を選ぶこと」と直球のアドバイス。これに対し大久保は「お金を出すのを辛抱することですね」と返答し、「辛抱ではなく、線引きをすることです!」と法演から強烈なダメ出しが!

 「自分を安く見せると、そのレベルのオトコの人しか寄ってきません。大久保さんが幸せな結婚を望んでいるのなら、自分の値打ちを吊り上げることです。いつもおごってばかりだと、都合のいい、安いオンナと思われて遊び以外で付き合おうと思われなくなる。遊びは都合のいいオンナと、結婚は自分にとってグレードの高いオンナと、というのが男性の本音ですから」。

 「幸せな結婚を」と考える方は、まずは「割り勘できるオトコ」を探してみてはいかがだろうか?
(はく)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock