シンガーソングライターの阪本奨悟が、11月から放送されるMBS/TBSドラマイズム『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』のエンディングテーマを担当することが決定した。

 『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』は、おおひなたごう氏による原作漫画で、料理の食べ方を軸にしたヒューマンドラマになっている。食べ方に人一倍こだわりを持つ主人公の田宮丸二郎が、他人との食べ方の違いに苦悩する様子をコミカルに描いていく。ドラマ化にあたり主人公の田宮丸二郎役を青柳翔、二郎の恋人・みふゆ役は成海璃子が担当する事が決まっている。

 阪本は18日に、2ndシングル「恋と嘘 〜ぎゅっと君の手を〜/HELLO」をリリースしたばかりで、現在公開中の映画『恋と嘘』の主題歌、挿入歌を担当するなど、精力的に活動中だか、短いスパンで新たな楽曲が聴けるようになることはファンにとっては朗報極まりない。

 また、楽曲タイトルは「自分らしく生きていたい それだけなんだけど」。ドラマの主人公とも重ね合わせ、他人と理解し合うことの難しさを描き、書き下ろした意欲作。ギターのエッジなループフレーズと、グルーブ感が印象的で、次のステップに進んだことを示す、堂々とした仕上がりとなっている。

 なお、ドラマの初回放送は、MBSでは11月5日から、TBSでは11月7日からの放送開始となる。放送に先駆けてGYAO!では第0話が無料配信される。