iPhoneのSafariで見ているページをまるっとPDFにして加工までできちゃうぞ

写真拡大 (全8枚)

iPhoneでWeb閲覧していて気になるサイトを見つけたときには、Safariの「ブックマーク」に保存するか、オフラインでも読めるように「リーディングリスト」として保存していた。

iOS11では新たに、見ているページをPDF化する機能が追加された。
しかも、表示されている部分だけではなくて、1ページまるごとPDF化してくれるのだから超便利になったものだ。

●SafariのページをPDF化しよう
SafariでPDF化したいページを表示したら、共有アイコンをタップし、「PDFを作成」をタップする。


共有の「PDFを作成」をタップする。


プレビューが表示されるので、問題なければ「完了」をタップし、「ファイルを保存...」を選択して保存しよう。


「完了」をタップして、「ファイルを保存...」を選択する。



ファイルを保存する場所を選択し、「追加」をタップすれば保存完了だ。


●PDFには書き込みもできる
保存するPDFには、マークアップ機能を使って書き込みもすることができる。プレビュー画面で操作しよう。


プレビュー画面で、書き込みしたい個所を表示し、右上のマークアップ機能のアイコンをタップする。



ペンを選択し、右端の色選択ボタンをタップする。



色を選択したら、指でなぞって書き込もう。



右端の「+」をタップすれば、矢印などの図形や、テキストも書き込める。


別の個所に書き込みをしたい場合は、2本の指でスワイプすればOKだ。

書き込みが終わったら、「完了」をタップしてファイルを保存しよう。

PDFファイルなら、iPhoneだけでなく、パソコンや他の端末でも利用できてとても便利なので、ぜひ活用したい。