試合終了直前の決定的なピンチをクリアする長谷部【写真:Getty Images】

写真拡大

ドルトムント戦の終了間際の神クリアに賛辞やまず…ファン「ゴールライン上のキング」

 サッカーの醍醐味の一つは、試合終了間際の攻防だろう。状況に応じて互いに攻め、守り、ドラマが生まれる。ゴールを決めれば、そして、ゴールを防げば一躍、試合のヒーローになる。そんな場面で輝いたドイツ1部リーグ・ブンデスリーガ、フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が先週に演じていた“4メートルクリア”を「残り1分のヒーロー」と評し、リーグ公式Youtubeチャンネルが決定的瞬間を動画で公開。すると、ファンから「2人目のゴールキーパー」「ゴールライン上のキング」の声が殺到している。

 その瞬間、長谷部に神が宿ったかのようだった。スタジアム全員が息をのむシーンを演じたのは、21日のリーグ戦、ドルトムント戦だった。

 2-2で迎えた試合終了目前。フランクフルトは絶体絶命のピンチを迎えた。中盤からのクロスをゴール前の左サイドで受けたFWサンチョが左足で強烈なシュート。これをGKフラデツキーが手に当て、ファインセーブしたが、こぼれたボールはゴール前中央でドフリーとなっていたMFサヒンの前に転がった。

 決勝ゴールか――。誰もがそう思った瞬間、ミラクルを呼んだのは長谷部だった。GKがサイドに飛び出し、無人となったゴール
前に相手FWのマークからそのまま立ちはだかった。そして、サヒンにボールが転がったのを見ると、すかさず体をニアに寄せた。さらにゴール前3〜4メートルの至近距離から左足で放たれたシュートを懸命に出した左足に当て、ボールはクリアされた。

「残り1分のヒーロー」特集で称賛「2人目のGK」「マコトさえいれば何とかなる!」

 土壇場で飛び出した闘魂クリアに実況は長谷部の名前を絶叫。九死に一生を得たチームは、そのまま首位を相手に2-2の引き分けに持ち込み、価値ある勝ち点1を手にした。この決定的瞬間をリーグ公式Youtubeチャンネルは「残り1分のヒーローたち」と題し、同節でシュートをライン間際でオーバーヘッドでクリアしたケルンDFラウシュとともに「ゴールラインで救助」と紹介している。

「ハセベがゴールライン上で救済のクリアをしたのはこれが初めてではない!」

「ハセベはピッチに立つ2人目のゴールキーパー」

「ハセベはゴールライン上クリア界のキングだ」

 このようにゴールライン上での奮闘を称える言葉が次々と投げかけられ、「マコトさえいればなんとかなる!」との声も飛び出していた。

 Jリーグでもなかなかお目にかかれないビッグプレーを演じた長谷部。膝の故障から復活を遂げ、主将を務めてきた日本代表でもチームの心臓として攻守にわたる奮闘が期待される。「ゴールライン上のキング」とも評された33歳の存在は、頼もしい限りだ。