「公共の場での授乳、許せるのはどこまで?」アンケート結果発表!【特集:公共の場での授乳問題(15)】

写真拡大

「公共の場での授乳」アンケート中間発表!ハピママ特集「専門家と考える 公共の場での授乳問題」を通じて調査開始から10日余りで集まった“生の声”をご報告します。回答はまだまだ募集中!

あなたの知らない“おっぱい”の世界へ!トークイベント&授乳ショー「全日本おっぱいサミット」初開催

結果は11月3日開催の「全日本おっぱいサミット」メインテーマにも。ご期待ください!

「公共の場での授乳」アンケート、気になる途中経過は?

「公共の場での授乳」に関するアンケートは10月初めの開始早々、3ケタを超える方々から回答が寄せられました。

アンケートで伺った質問は3点。なおこの中間発表の数値は、10月27日12時時点のデータを基にしています。

Q1「公共の場での授乳、あなたはどう思いますか?」(4択+その理由を自由回答)

どんどんしたらいい! 30.9%

必要なときにはしたらいい 60.9%

出来れば控えて欲しい 5.5%

してほしくない! 2.7%

「どんどんしたらいい!」と「必要なときにしたらいい」を賛成派、「出来れば控えて欲しい」「してほしくない!」を反対派とすれば、賛成派が91.8%、反対派が8.2%。この数字を「賛成派が9割以上もいる!」と捉えるか「反対派が1割近くもいる!」と感じるかは、人それぞれかもしれません。

「赤ちゃんの当然の権利」「子どものごはんだから」「母親や赤ちゃんの外出を制限することにつながるから」といった見方が並ぶ中、「なんとなく気持ち悪い」という反応も。

さらに「こんな時期くらい飲食店に入るの我慢できないのかな、と腹立たしい」「ありえない」など厳しい感想が寄せられる一方で「なぜわざわざ変な目でみるのか、わからない」という率直な書き込みもあり、賛否両者とも相手を理解できず、怒りや戸惑いを抱いている実態があらためて浮かび上がりました。

Q2「公共の場での授乳、許せるのはどこまで?」(4択+その理由を自由回答)

おっぱいを出してもOK 13.4%

授乳中でもケープ等でおっぱいを隠せていればOK 67%

授乳中であることが分からないように授乳服やスリングの中等でするのであればOK 14.3%

授乳すること自体がNG 5.3%

Q1の結果と比べてみると、Q1で反対派に属した人の割合(1割弱)がそのままQ2の「授乳すること自体がNG」に反映されているのではなさそうです。

またQ1で賛成派に属した人が皆同じ考えというワケではない、ということも分かります。

おっぱいを出してもOKという回答の中には「見えてても構わないと思う人はそれでもいいと思う。自分はさすがに見せるのはどうかと思うので隠したい」といった方も含まれており、同じようなスタンスを取るママがそれなりの比率を占めている模様。

また、おっぱいを隠しての授乳を選んだ方では「恥ずかしい」や「マナーだと思うから」が多数派でしたが、なかには「防犯カメラ等の映像に自分の胸が映るのは恥ずかしいから」といった世相を映したコメントも。さらに「母子の安全も考えて」「自衛として」という理由も見受けられました。

授乳すること自体がNGと答えられた方たちの見解も「授乳をしたければ授乳室などですれば良いから。

また出かける時間もそれを配分して出かけるのが親の役目だから」「公共の場では雑菌がいろいろあるので、あえて不衛生な環境に晒しているように見える」等、一様ではないようです。

つまり「公共の場での授乳」に賛成する人たちの中でも、また反対する人たちの中でも、もっといえば個々人で、それぞれ容認できる段階が異なるということのようです。

これがこの問題に関する論争を、より複雑化させているのかもしれません。

Q3「公共の場での授乳、あなたはしますか?(していましたか?)」(2択+その理由を自由回答)

気にせず授乳する 65.2%

公共の場では授乳しない 34.8%

この設問は2択としたことで、逆に心の中にある繊細な思いを自由回答欄に多くご記入いただきました。

まず「気にせず授乳する」と回答した方の中からは「気にせず、とまでは言えません」「周りにはそれなりに気を使いつつ」といった注釈を少なからずいただきました。

理由を細かく見てゆくと「赤ちゃんファーストで考えれば当たり前」「外出を楽しむために、するべきことをしただけ」という“堂々と授乳”派から、「どうしようもないときがある」「赤ちゃんが大声で泣いて迷惑がられるよりずっとマシだと思ったから」という“致し方なく授乳”派まで、これまたさまざまな背景が伺えます。

公共の場では授乳しない方にも「落ち着いてできないから」「胸が見えたら恥ずかしいし猥褻物陳列罪になると思っていたから」というようにご自身の感じ方や認識に従うケースのみならず、「周りの目が怖いから」「文句を言われたくないから」「授乳室があればちゃんと使います」等々、取り巻く環境にプレッシャーや危機感を覚えて決めている層も。

また「公共の場では授乳しない」という回答には「子どもがいないから」「母乳が出なくてミルクだったから」「ミルク育児を考えているから」という方々のものも含まれており、「公共の場での授乳」がいわゆる“母乳ママ”のみの問題ではなく、いま広く社会的な関心を集めていることを如実に示す結果ともなりました。

今回のアンケート3問を通じた全体的な傾向として「公共の場で授乳してやるぞ!」という全肯定派や「人前では絶対にすべきでない!」の全否定派の間で、女性も男性も、子どもがいる人もいない人もそれぞれに「どうしたらいいのだろう」と悩んでいる姿が浮き彫りになりました。

「全日本おっぱいサミット」でスペシャリスト&参加者がともにワイガヤ!

ハピママ特集「専門家と考える 公共の場での授乳問題」ではこれまで、このテーマについて社会的に、医学的に、法的に、専門家の先生方と考えてきました。

それでもなおアンケートから見えてきたのは、解決策を見つけられずに苦しむママの泣き顔だったり、社会の困惑した表情だったり・・・

11月3日(祝・金)東京・表参道で開催される「全日本おっぱいサミット」では、今回のアンケートの集計結果等をもとに、記事でご紹介しきれなかったご意見も織り交ぜながら、“おっぱい界”のスペシャリストたちが多様な“おっぱい観”を紐解き、参加者の皆さんとワイワイガヤガヤ、多彩な解決策を探ります。授乳服を着用したママと赤ちゃんによる【授乳ショー】も実演します。ぜひお越しください。

アンケートも、まだまだ回答を募集しています。あなたの考えや思いが、問題解決のきっかけになります。この機会にぜひ、皆様の“生の声”をお聞かせください!