「捨てられたかも」と泣くふくまる 留守番中の姿に涙『おじさまと猫』

写真拡大 (全5枚)

漫画家の桜井海(@sakurai_umi_)さんが公開している、人気漫画の『おじさまと猫』。

ペットショップで孤独な思いをしていた猫『ふくまる』と、優しい『おじさま』の触れ合いを描く、心温まる作品です。

『おじさまと猫』シリーズ

おじさまの家に来て、初めての『お留守番』を経験しているふくまる。

家の中で、大好きなおじさまが帰ってくるのをいまかいまかと待ち続けていたものの…。

『忠猫ふくまる』

ペットショップにいたころ、「ブサイク」「ほかの子がいい」「可愛くない」といわれ続けてきた、ふくまる。

あまりのさみしさに、つい弱気になってしまいました。

「もうパパさんは帰ってこないかもしれない」

もちろん、そんなことはありません。おじさまが、大好きなふくまるを手放すはずがないのですから。

きっと月日を重ねるにつれ、ふくまるの心から不安は消えていくことでしょう。

前話では、おじさま視点を読むことができます。ふくまるが待っている間、おじさまは一体どんな気持ちだったのか…ぜひご覧ください。

『おじさまと猫』ふくまる、初めてのお留守番 一方、職場でのおじさまは

桜井海さんの和風な作品も要チェック!

桜井海さんの単行本『神とよばれた吸血鬼』全6巻が現在発売中です。

土地神として働く吸血鬼の主人公を中心に、賑やかで個性豊かな神様たちが登場します。愛らしい狛犬たちも、要チェックです!

[文・構成/grape編集部]