『FGO』ハロウィンイベントに関する“神戸新聞総合出版センター”のツイートが話題に―担当者に話を聞いてみた

写真拡大

FGOはしていないのですが、聖地巡礼するマスターもいらっしゃるのでしょうか?よろしければ、姫路城を攻略しに兵庫県まで来ませんか……?弊社の『姫路城を歩く』はお役に立つかと思いますので、お供にぜひ。 pic.twitter.com/hfpyB9KFDa— 神戸新聞総合出版センター (@kobe_np_syuppan) 2017年10月26日

10月25日より、iOS/Andoridアプリ『Fate/Grand Order』では「ハロウィン・ストライク! 魔のビルドクライマー/姫路城大決戦」を開催中です。舞台となるチェイテ城に、前回のイベントで激突したピラミッドの上に姫路城が重なるという、未知の展開となっています。

それに対し、神戸新聞のグループ会社である「神戸新聞総合出版センター」の公式Twitterアカウントが反応。神戸と言えば姫路城、そして『Fate/stay night』の聖地もある場所です。ツイートでは、その世界遺産で国宝でもある姫路城を特集した「姫路城を歩く」という本の紹介をしています。

さらに、今回実装された刑部姫についてのまとめツイートも呟かれています。ストーリーが謎めいた展開になってきたこともあり、彼女が気になる!というファンの人も多いと思いますので、ぜひ読んでみてください。

また、インサイド編集部では、「神戸新聞総合出版センター」のツイート担当者を直撃!予想外の反響に対するお気持ちや、姫路城の見どころなどを伺いました。

――今回、『FGO』に関するツイートで大変な反響があったかと思いますが、どのように感じましたか?

ツイートの反響は予想以上でした。人気のゲームであることは知っていましたが、ここまでとは…と驚くばかりです。多くの人に愛されているゲームなんだな、と思います。

――『FGO』はプレイしていないとのことでしたが、今回の件で興味が湧いたり、プレイしてみようかとは思いましたか?

姫路城の石垣を登りに行こうかとは思いましたが、普段はお空の船で団長をしておりまして……両立は難しいかなと悩んでいるところです。

――『FGO』での刑部姫は、「オタクでひきこもり」というようなキャラクターとなっていましたが、どのように感じましたか?

刑部姫がひきこもりのオタクというキャラになったことについては、面白いなと思いました。引きこもりなのは、城主に年に1回だけ会うという伝説からなのかな、と。あと、かわいいキャラにしてもらえてよかったです。

――実際に姫路城に行く場合、見ておくべきポイントや注意点などございますか?

姫路城にお越しの際は西の丸へもお立ち寄りください。西の丸からみました姫路城も美しいですし、百間廊下も見ごたえあります。あ!あと『FGO』ファンの方は大天守最上階の長壁神社は必見です。引きこもり部屋にある祠は、本当にそっくりですので。弊社の本もあると万全ですね!

――姫路城以外で、姫路のオススメの観光スポットなどはありますか?

ベタかもしれませんが、姫路城の隣にあります好古園や、少し離れていますが書写山はロケ地としても有名ですので、ぜひ足を延ばしてみてください。ほかにも色々ありますが、全部あげていきますと大変なことになりますので、止めておきます。

――ありがとうございました!

日本屈指の美しさを誇る姫路城。イベントに登場したことで興味を持ったマスターたちも多いかと思います。刑部姫やハロウィンイベントに想いを馳せながら、「姫路城を歩く」をおともに聖地巡礼を楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、インサイドでは、現在「ハロウィン・ストライク! 魔のビルドクライマー/姫路城大決戦」の開催にちなみ「【読者アンケート】『FGO』メカエリチャンorメカエリチャンII号機、どっちをもらう?」も行っています。こちらもぜひご投票ください。