金曜8時のドラマ「ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜」で“地元密着型の広告マン”を演じている沢村一樹に直撃インタビュー!/撮影=山田大輔/取材・文=magbug

写真拡大

直木賞作家・荻原浩原作の人気シリーズを連ドラ化したヒューマンドラマ「金曜8時のドラマ『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』」(テレビ東京系ほか)で、連続テレビ小説「ひよっこ」('17年NHK総合ほか)に引き続き“ダメ父ちゃん”を演じている沢村一樹。脚本の岡田惠和とは、この1年半で立て続けに4作を共にする名パートナー、いわば“常連”になりつつある。ほっこり温かな気持ちに包まれる岡田ワールドに“元セクスィー部長”がハマっている、その心境を本人に直撃すると、意外な奇縁が明らかに!

「岡田さんの脚本は役者として演じていても楽しいです!」/(C)テレビ東京

■ 「ユニバーサル広告社-」はゆったりと見てほしい

――「ユニバーサル広告社-」はとても温かい作品ですね。以前、「同世代の男性視聴者に見ていただけるのがいちばんうれしい」とおっしゃっていましたが、今回もその望みがかないそうでしょうか?

はい。金曜日の夜にふわっとのんびり見られるドラマですね。ドキドキしたいとかハラハラしたい、ではなくて。ボーっとおつまみ食べて晩酌しながら、ゆったりと見てもらいたいような番組です。ご存知のように岡田惠和さん脚本で、レギュラー陣8人のうち何と、4人が「ひよっこ」出身者という(沢村のほか、和久井映見、三宅裕司、やついいちろう)。できの悪い広告マン4人で広告社をやってまして、何でできが悪いかというと決して能力が低いわけではなく、ついつい情に流されてお金にならない仕事をしたり、人助けと思ってやったことで後々借金を作ってしまったり。そういう、ハートの熱さだけで仕事をするのがダメなのかな、という話を現場でもよくしています。

――イケイケの広告マンだった杉山(沢村)は、自信過剰から大手代理店を離れるも転職できず、それまで全く省みてこなかった妻子にも家を出て行かれ、飲み屋で話し掛けてきた小さな広告者を営む石井(三宅)の下で働くことに。この杉山に共感するところは?

…特に共感する部分はない、ですね(笑)。広告や仕事というものに対する思い、それに、一度失敗を経験して仲間たちへの思いが芽生えて…というのはすっごく分かるんですけれど、僕とは全然違うタイプの人間だな、と思いながら演じています。僕、こんなちゃんとしてないです(笑)。

――脚本の岡田惠和さんとは、昨年夏に放送された連続ドラマW「希望ヶ丘の人びと」(WOWOW)、この番組のパイロット版とも言えるSPドラマ「ダメ父ちゃん、ヒーローになる! 崖っぷち!人情広告マン奮闘記」('16年テレビ東京系)、そして「ひよっこ」と、ずっとご一緒されていますね。

今年に入って長きに渡って岡田さんの脚本にふれてきたので、何となく肌で感じられる部分があって、言葉ではうまく説明できないんですけれど。台本の中で、ストーリーとは全く違う会話をしている部分があるんです。本筋とは関係ないことを言っているんだけれども、そこがいい隠し味になっているんです。そういう、どうでもいい会話もしっかり表現しなきゃな、という。それは役者として、演じていて楽しい部分ですね。演じている僕らがその面白さを感じているのと同じくらい、見ている方にもそれが伝わるといいな、と思っています。

■ デビュー当時、視聴者として岡田作品に夢中!

――岡田さんご本人からも「沢村さんのお芝居が好き」とお墨付きが出る名コンビになられました。岡田作品への出演は「希望ヶ丘の人びと」が初でしたか?

いいえ、「めぞん一刻」('07&'08年、テレビ朝日系)からですね。でも実は僕、デビューした年に、お仕事ご一緒にしたわけではないんですが、視聴者側として岡田さんの「イグアナの娘」('96年、テレビ朝日系)が大好きで、第1話から最終話まで、ハマって必ず毎週見ていたんです。後に(同作に主演した)菅野美穂さんに初めてお会いしたときには第一声が「『イグアナの娘』見てたよー!」でしたから(笑)。だからそんな岡田さんにそう言っていただけるのは、本当にありがたいですし、岡田作品には楽しんで参加させていただいているので、こんな素晴らしい栄誉はないな、と感謝です。

――デビュー当時と言えば、まだ“男爵”キャラが出てくる前ですね

その…数年前にまいた“男爵”の種が、思いもよらぬほど大きな花を咲かせてしまい、刈り取っても刈り取っても終わらないので…困っています(笑)。そろそろ新しい種をまきたいです!

――その意味では、本作をはじめ、一連の岡田作品ラッシュがいい契機になりそうですね。あらためて、本作の魅力は?

「ユニバーサル広告社-」は荻原先生の原作もそうだし、岡田さんの脚本ということで、人情ドラマではあるんですけれど、僕が片隅で思っているのが、ちょっとダメな人というか…ごくごく普通の人たちが、「今よりもう一歩頑張っている話」だと思っています。だからうまくいかないこともあるし、頑張ったなら頑張ったなりのご褒美があるんだなということを、何かしら感じさせてくれるドラマだな、と思って演じています。