10月29日開催の「横浜マラソン2017」に出場する八神蓮、岡村帆奈美アナウンサー

写真拡大

「横浜マラソン2017」が10月29日(日)に開催される。3回目となる今年は、初めて秋に開催。フルマラソンコースは、みなとみらい大橋をスタートし、赤レンガ倉庫、横浜中華街、山下公園、三溪園、首都高速湾岸線など横浜の名所を走り抜け、パシフィコ横浜でフィニッシュする。

【写真を見る】二人そろって翌日の生放送に出演できるか注目

tvkでは朝8時から完全生中継。tvkの人気番組からは、メディアランナーとして「猫のひたいほどワイド」の八神蓮、「部活応援プロジェクトしゃかりき」の中尾諭介、「ハマナビ」の佐藤美樹、「カナフルTV」の田崎日加理、岡村帆奈美アナウンサーの5人が出場する。

「猫のひたいほどワイド」月曜日で共演する八神、岡村アナウンサーにインタビューし、マラソン初挑戦についての思いや意気込みを語ってもらった。

■ 八神蓮「未知の領域で不安」

――「横浜マラソン」の日が近づいてきました。

八神:人生初のフルマラソンなので不安はたくさんありますが、練習で走った時には、ランナーの方とすれ違う時に掛け合う言葉だったり、お客さんの応援は味わえなかったので、そういう楽しみはあります。あとは達成感ですかね。

それにフルマラソンは走ると記念にメダルとかもらえるんですよね? それが楽しみですね。この歳になるとなかなか表彰されることないじゃないですか。メダルってうれしいですもんね。(2020年には)オリンピックもありますし、その前にメダルを取れたらいいなと思います。

――不安もありますよね。

八神:練習していて調子のいい日と悪い日があるので、その日(大会当日)がどうなるのか。整えていきたいとは思うのですが、その日がすごく晴れていたり、風が強いとか雨とか、天候の違いがありますから。まだ練習でもフル完走できたことがないので、未知の領域なのですごく不安です。

岡村:完走できるか、めちゃくちゃ不安です。前日の夜は眠れるかな。ただ、応援がすごいと聞いたので、それは楽しみですね。みなさんからの応援が力になると思うので頑張ります!

――練習を重ねることで自信はつきましたか?

岡村:最初は全然自信なかったんですけど、20kmに挑戦して、それを走り切れたときは少しいけるかなという自信に変わりました。ただ、不安はやっぱりありますよね。初めてのフルマラソンなので。あとは何とか気持ちでいきたいなと思います。

■ 岡村帆奈美アナ「フィニッシュを見てみたい」

――本番での目標を教えてください。

八神:完走です。志が低いと思いますけど。5時間切りとか、4時間切りとかありますけど、4時間を狙ったら20kmで終わってしまう気がするので(笑)。なので、とにかく完走ですね。

普段は1.5kmとか2kmくらい離れた場所でもタクシーに乗っちゃうような男なので、42.195kmなら絶対に交通機関を使いますもんね(笑)。なので、足だけで頑張れるかどうかですね。

岡村:タイムとか言わずにまず完走! 頑張る! フィニッシュを見てみたい。どんな景色が待っているのか。あとは翌日の生放送にちゃんと来る(笑)。八神さんと二人そろって生放送の現場に来るまでが目標です。

――確かに翌日の昼が生放送というのはきついですね。

八神:岡村さんも一緒の距離を走っているので、二人ともボロボロだと思いますが、想像できないですね。本当に二人ともギリギリだと思います。たぶん走れるだろうなとか、余力を残してゴールできる、という気がしないので。

――では、最後に意気込みをお願いします。

八神:今までいろいろな方たちが走ってきたと思うし、人気の大会じゃないですか。走りたくても走れない方もいらっしゃるので、その人たちの分も走りたいし、応援する方の声援を受けて、頑張りたいなと思います。

岡村:想像もつかないくらいしんどいことが待っていると思うんですけど、諦めずに最後まで走り切りたいと思います。頑張ります!