ケンブリッジ飛鳥選手ら、名将たちの知られざる素顔

写真拡大

今夜10月27日に放送される『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:24〜23:54)は、先週に引き続き、「古田敦也が迫る!学生スポーツ界の名将たちの教え」を放送。

今回登場する名将は、下北沢成徳高校バレーボール部監督・小川良樹さん、伏見工業京都工学院高校ラグビー部GM・高崎利明さん、そして、元東京高校陸上部の総監督で、現在は日本体育大学陸上部の総監督を務める大村邦英さんの3人。

彼らは、元バレーボール全日本女子・木村沙織選手や、ラグビー日本代表・田中史朗選手、リオ五輪400mリレー銀メダリスト・ケンブリッジ飛鳥選手などの一流選手を育てた名将として知られており、今回は、日本代表や五輪メダリストを育成するための指導法、名将たちの育成哲学などに加え、ここだから語れる本音、そして教え子たちが語る名将たちの知られざる素顔に迫る。

また、フィールドキャスター・高柳愛実による部活応援企画「高柳愛実のGO!GO!部活」では、私立湘南工科大学附属高校 水泳部(前編)。湘南工科大学附属高校の水泳部は、インターハイで7回の総合優勝を誇り、5人のオリンピック代表選手を輩出している名門校であるため、リオ五輪自由形日本代表の塩浦慎理選手を育てた名物練習を特集する。“スイムワーク”と呼ばれる練習だが、部員たちも音を上げるというハードトレーニングに高柳が直撃取材。名門水泳部の強さの秘密に迫る。