コメが粘土のように感じられることもあるという

写真拡大

 推定患者数が24万人を超えるとされる「味覚障害」。本誌・週刊ポストでは自覚症状が乏しいこの病の恐怖を度々レポートしてきたが、さらにその体験者たちの声に耳を傾けると、苦悩の深さが、改めて浮き彫りになった。この障害については「醤油の量が12倍になった……」といった嘆きも出ている。

「味覚障害」には、“たかが味の問題”では済まされない恐怖が潜んでいる。人間は舌にある味蕾(みらい)という器官を通じて感じた刺激を脳に伝達するが、様々な原因で伝達に異変が生じて、味の感じ方がおかしくなることがある。主な原因として、味蕾細胞を再生する栄養素である亜鉛の不足や、薬の副作用、ストレスや体調不良などが挙げられる。

 薬の服用も多い高齢者ほど味覚障害を発症しやすく、味覚の異常から食が細くなったり、味の濃い食事を続けたりすることによって、さらに重篤な病気につながるリスクも潜んでいる。

 原因がわからずに体験する人は多い。都内在住の堀良夫氏(69、仮名)は4年前、初期の肺がんを患って抗がん剤治療を始めた頃に異変が起きた。

「がんの治療中で、醤油やソースで味を濃くするのは避けていたけど、とにかく味がしない。米はまるで粘土の塊を食べているような感触でした。精神的にも不安定になって『まずいメシ出すなよ!』と家族に怒鳴ってばかりでした」

 その後、がんは寛解したが、医師に「栄養を摂って、体力をつけるように」と指導されても、くじけてしまったと堀氏はいう。

「何を食べても“味気ない”という感想しかない。そこで医師から『抗がん剤の副作用による味覚障害かもしれない』と言われて、耳鼻咽喉科に行ったところ、やはりそうだった。いまは亜鉛錠剤を摂取して、徐々に味覚を取り戻しています。

 ただ、ずっと食事を作っていた同居する息子の嫁には、“価値観の違いがあるから一緒に住めない”と言われて、息子夫婦は引っ越してしまいました。今なら悪いことをしたとわかるのですが、家族関係も元通りになるかどうか……」

 坂本勲氏(72、仮名)の場合は、病や薬の副作用が原因ではなかったという。

「若い頃から食が細かったのですが、定年後は出歩くことも減り、どんどん食事に関心がなくなっていた。1日1食の日もあって、今思えば、その時から発症していたのでしょう。

 2年前に肺炎で入院した時に『ひどい栄養不足』と医師に指摘されたんです。それを機に食べ歩きをしようと、ムリして有名レストランにも行ったけど、どうにも味を感じない。次第に、お茶とお菓子ばかり食べて、それ以外は口にしない食生活になっていました。何で食べないのと人に言われても、どうしようもなく、ふさぎ込んでしまった」

 妻の勧めで病院に行くと、味覚障害と診断された。

「長年の食生活がたたり、亜鉛不足で味蕾の機能が低下して味を感じなくなっていた。そのせいでさらに食べなくなるという悪循環だったようです。いかに異常な状態だったのか、ようやく自覚できました」(坂本氏)

 味覚障害の診療を行なう中川駅前歯科クリニックの二宮威重院長が語る。

「味覚障害の症状には様々なパターンがあり、『味がしない』だけではなく、何を食べても苦味を感じたり、水にまで雑味を感じることもあります。味覚障害は発症から半年以内に受診すると症状が改善しやすいという研究報告もあるので、日々の食事に少しでも異変を感じたら受診を勧めます」

 食欲の秋、自分の味覚のチェックも怠らないようにしたい。

※週刊ポスト2017年11月3日号