松山、この日もスコアを2つ落とした(撮影:GettyImages)

写真拡大

<WGC-HSBCチャンピオンズ 2日目◇27日◇シャーシャン・インターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>
世界ゴルフ選手権「WGC-HSBCチャンピオンズ」の2日目。初日、67位タイと出遅れた昨年覇者の松山英樹は3バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“74”でフィニッシュした。
米国男子ツアーの熱戦を特選フォトでプレーバック
松山は2つスコアを落として折り返すと、後半は10番で4オン2パットのダブルボギーとしてしまう。11番、13番でバーディを奪いスコアを伸ばすが14番パー5でボギー。17番パー3でスコアを伸ばしたが最終18番で獲れず、初日と同じくスコアを2つ落としプレーを終えた。
松山はトータル4オーバー、ホールアウト時点の順位は初日と変わらず67位タイとなっている。
現在の首位は松山と同組でこの日9つスコアを伸ばしトータル13アンダーとしたダスティン・ジョンソン(米国)。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

HSBCチャンピオンズのスコア速報!日本勢の順位をチェック
昨年覇者、松山英樹がまさかの出遅れ 首位と10打差67位タイ
松山英樹、17-18シーズンの課題は?
丸山奨王がミラクルカムバック!松山以来のアジアアマ制覇へ向け、好発進
サイム・ダービーLPGAマレーシアのリーダーボード