俳優・歌手などマルチな才能で活躍するチャン・グンソクが24・25日に、パシフィコ横浜国立大ホールでおよそ2年ぶりとなる全国ホールツアー『JANG KEUN SUK THE CRISHOW IV ーVoyageー』をスタートさせた。

 最近では日本のテレビ番組に精力的に出演するなど、ファンのみならず一般の視聴者からも高い注目を集めているチャン・グンソク。平日の公演にも関わらずチケットは即完売し、根強い人気を証明した。

 今回のツアーは8月にリリースされた4thアルバム『Voyage』の収録曲をメインとしたセットリストとなっており、ライブでは初披露となる楽曲が多数組み込まれている。

 また既存の曲も新たにリアレンジされ、人生の「喜怒哀楽」をテーマに4つの世界観を表現。J-POPやロックバラードなど、様々なジャンルの楽曲を持ち前の表現力で見せつけたかと思えば、合間のMCでは彼ならではのウィットに富んだトークも忘れない。

 曲に合わせたコール&レスポンスや、ペンライトの動きなども一体感があり、今回の公演もすでにファンとの息はピッタリのようだ。

 なお、チャン・グンソクのソロLIVEツアー『JANG KEUN SUK THE CRISHOW IV ーVoyageー』は、この後11月の大阪、金沢、札幌、そして12月の福岡公演へと続いていく。