松山、苦しいゴルフが続いてしまっている(撮影:GettyImages)

写真拡大

<WGC-HSBCチャンピオンズ 2日目◇27日◇シャーシャン・インターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>
世界ゴルフ選手権「WGC-HSBCチャンピオンズ」の2日目。初日、67位タイと出遅れた昨年覇者の松山英樹が前半のプレーを終えた。

松山は7番でボギーが先行すると、9番でもスコアを落とし前半で2つスコアを落としてしまった。松山はトータル4オーバーで後半へ、現在の順位は68位タイとなっている。
首位はトータル10アンダーでプレー中のブルックス・ケプカ(米国)。谷原秀人と片岡大育はトータル1アンダー37位タイでプレーしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

HSBCチャンピオンズのスコア速報!日本勢の順位をチェック
昨年覇者、松山英樹がまさかの出遅れ 首位と10打差67位タイ
松山英樹、17-18シーズンの課題は?
丸山奨王がミラクルカムバック!松山以来のアジアアマ制覇へ向け、好発進
サイム・ダービーLPGAマレーシアのリーダーボード