ベガルタ仙台のFW西村拓真がYBCルヴァンカップのニューヒーロー賞に輝いた【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 Jリーグは27日、今季の2017JリーグYBCルヴァンカップ「ニューヒーロー賞」を発表した。ベガルタ仙台のFW西村拓真が、同クラブ所属選手として初めて受賞している。

 ニューヒーロー賞は23歳以下の選手を対象に、ルヴァンカップのグループステージから準決勝までの各試合で実施される報道関係者による投票で決定される。

 今季の受賞者となった西村は愛知県出身で、富山第一高校卒業後に仙台へ加入したプロ3年目のストライカー。今季のルヴァンカップでは10試合に出場して2得点2アシストを記録していた。リーグ戦でもプレー時間を伸ばしており、現時点で24試合出場2ゴール4アシストをマークしている。

 ルヴァンカップ(旧ヤマザキナビスコカップ)のニューヒーロー賞は毎年特に活躍が目立った若手選手に贈られる。過去には宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)や齋藤学(横浜F・マリノス)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、金崎夢生(鹿島アントラーズ)、長谷部誠(フランクフルト)、高原直泰(沖縄SV)、名波浩(ジュビロ磐田監督)など、のちに日本代表で輝きを放つ選手たちが受賞してきた。

text by 編集部