複合次亜塩素酸系消毒剤「アンテック ビルコンS」とは?

ペットショップや動物病院などで使用されている、アンテック ビルコンSという消毒液があります。

ブリーダーさんや畜産業さんも使用されるなど、幅広い用途のある塩素系の食毒液なのですが、近年では鳥インフルエンザでも大活躍しています。

とても幅広いスペクトラムを持つ、複合次亜塩素酸系消毒剤であり、ブリーダーさんであれば、犬舎の床面や器具やケージなどの消毒に使用されていらっしゃるのではないでしょうか。

アンテック ビルコンSは粉末状で水に溶かし使用しますが、人や犬の肌に直接使用したり吸い込んでしまうと皮膚トラブルなどの原因になってしまうため、取り扱いには十分な注意が必要です。

アンテック ビルコンSの効果とは?

20か国での個別試験によって、

54種類のウイルス384種類の細菌96種類の真菌類6種類の芽胞菌

に対して効力があるということが確認されているそうです。

アンテック ビルコンSが選ばれる理由とは?

ニオイが残りにくい刺激臭がない汚染されない環境での残留問題もない毒性が非常に低い正確な希釈ができる

動物病院では、診察台・犬舎・猫舎・床面などの消毒にアンテックビルコンSが多く使用されているようなのですが、「ニオイが残りにくい」「刺激臭がない」というのが大きな理由のようです。

強いニオイが残ってしまうと犬や猫も嫌がってしまうでしょうし、来院される飼い主さんにとっても病院で働く獣医師さんや看護師さんにとっても嫌なニオイになってしまいますよね。

使用したことによる汚染はなく、環境での残留問題もなく、毒性が非常に低いことで知られており、簡単に正確な希釈ができるとして愛用者が多いようです。

日本では農林水産省で承認されています。

畜産現場でも

有機物質による能力低下が少なく、糞や血液やタンパク質などの有機物質が残留してしまう畜産現場においても高い効果を発揮することができます。

アンテック ビルコンSを自宅で使用する場合

自宅で使用されている方のほとんどが、愛犬のケージやおトイレのお掃除の際に使用されているようです。

自宅で使用する際には100倍の希釈になるように、計量して消毒液を作り、約1時間ほど消毒したいものをつけておくと効果があります。

アンテック ビルコンSでお掃除をするようになってから、「部屋のニオイが気にならなくなった」という口コミがとても多く見られました。

愛犬のおトイレ、毎日キレイにお掃除していても何だかニオってしまいますよね。アンテック ビルコンSでお掃除をするようになってから「急な来客があっても安心」なのだそうです。

自宅で仕様する際には、犬のいない場所で十分に換気をし、正しい希釈で使用するようにしてください。

どこで購入することができるの?

アンテック ビルコンSは、販売している動物病院もありますが、インターネットで手軽に購入することができます。

バイエル薬品 アンテック ビルコンS 1kg(粉末)は、¥6000ほどで購入することができます。

使用する時の注意点

酸化しやすい

アンテック ビルコンSは希釈して水に溶かし使用しますが酸化しやすいという特徴があるため、なるべく早く使い切ってしまわなければなりません。

また、鉄製のケージなどは錆びてしまいやすいので注意が必要です。

水で洗い流す

ビルコンで消毒をした後はしっかり水で洗い流し、犬が消毒した部分を舐めてしまわない様注意してください。ビルコンは赤〜ピンク色の消毒液ですので色が無くなるまで洗い流すようにしましょう。

粉を吸い込まないように注意する

粉末のビルコンを水で溶かしたり違う容器に移しかえる時などは、粉をなるべく吸いこまない様にし、犬が舐めたり吸い込んだりしないようにしましょう。

まとめ

アンテック ビルコンSの特徴には、

粉末タイプ簡単に正確に希釈することができる刺激臭がない腐敗性が少ない診療施設内の消毒にも優れている

などがあり、動物病院の診察台や手術台の消毒には100倍に希釈したものが使用されているそうです。

成分・分量は、100g中にペルオキソー硫酸水素カリウム50.0g及び塩化ナトリウム1.5gが含有されています。

バイエル薬品 アンテック ビルコンS(粉末)は1kg5kg10kgから選ぶことができます。

ご自宅で愛犬のケージやおトイレのお掃除にも気軽に使用することができますし、愛用されている飼い主さんも多くいらっしゃるようです。

私はエタノール系の消毒液を使用していたのですが、お掃除をしている際の刺激臭がとてもツラかったです。

愛犬たちにとてもツライ刺激臭だったと思います。
刺激臭の気にならないアンテック ビルコンS、ぜひ試してみたいと思います。