次の旅行は南極に行ってみる? 夏の南極を豪華客船で巡る16日間

写真拡大 (全2枚)

 今や海外旅行は、ツアーでなくてもたいていの国・地域は個人で行くことができる。でも旅行先が南極となると、だいぶ勝手は違ってくるだろう。阪急交通社(大阪市)は、2018年2月に予定されているクルーズに続く、南極クルーズチャーターの第2弾として、フライ&クルーズ「南極紀行16日間」を2019年1月に開催すると発表した。現在、予約を受け付けている。秘境や絶景スポットが旅行先として人気を高める中、「南極紀行16日間」は手つかずの自然が多く残る南極を豪華客船で巡ることができるパックツアーだ。クルーズに使用するのは、南極探検のために造られた、ハイテクノロジーを搭載したフランス船籍のスモール・ラグジュアリー・シップ「Le Boreal(ル・ボレアル)」。客室は全室海側に面したバルコニー付きまたは窓付きとなっているほか、このツアーでは操舵室からの眺めも堪能することができるのも魅力。東京もしくは大阪出発で、費用は一人税別1,700,000円から。詳細はHP(http://bit.ly/2xfZ93A)を参照。

「大自然感動体験 南極紀行16日間」

期間:2019年1月25日(金)〜2月9日(土)
旅行代金:一人1,700,000円〜 2,900,000円(2人1室利用、燃油、諸税別)