番組のMCを務める河本準一、華原朋美、名倉潤(左から)/(C)テレビ東京

写真拡大

10月26日深夜放送の「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)では、「一世を風靡した芸能人のヤバすぎる裏話 大暴露SP」を放送。約20年前、「部屋とYシャツと私」の大ヒットが社会的現象にまでなったシンガーソングライターの平松愛理が、名曲の意外な誕生秘話から当時の印税額などを大暴露した。

【写真を見る】印税額の番組予想が約4655万円と聞き、「どこいったんやろ…」と呟いた平松愛理

1992年に平松が作詞・作曲を手がけた「部屋とYシャツと私」が93・1万枚の大ヒット。「女性版の関白宣言みたいなものですよね。女子がこういう風にしてね、という歌だもんね」とMC名倉潤(ネプチューン)。「最近では西野カナさんが「トリセツ」という曲を出しましたね」とMC河本準一(次長課長)。「トリセツ」は女性が夫婦生活に求めることを取扱説明書に綴ったヒット曲。その元祖が「部屋とYシャツと私」の存在なのだ。

実はこの曲は親友が結婚するというので、「じゃあ(お祝いに)曲を作るわ!」といって作った曲。その当時は平松自身「結婚のけの字もなかった」。そのためどうやって書いたらいいか分からずに色々な人にリサーチをしたという。「でもあの曲は有名になるはずではなかったんですよね。アルバムの中の1曲だったので…」と平松が言うと河本も「あれ?(あの曲は)シングルではなかったの?」と驚いた。

ではどうやってその曲がミリオンに近いヒット曲になったのか。その理由は「有線放送で2年ぐらいかけて、リクエストがリクエストを呼んでどんどんランキングが上がっていったんです。最初はアルバムの1曲としてレコーディングすることすら反対していたスタッフがほとんどだったんですが、(リクエストが増えてくるにつれて)シングルカットしようか!みたいな」と平松。「何が流行るか分からへんからね、歌って」と名倉も言いスタジオ一同頷いた。その後、シングルCDとして改めて販売すると、売上枚数93万枚を超える大ヒットとなった。

「本当にいやらしんですけど、この番組いつも印税の話になるんですよ」と河本が切り出すと名倉も「これ俺らが聞きたいんじゃないですよ。スタッフが「聞け!」って言うんですよ」とスタッフのせいにするが「気になります。気になります。夢ありますもんね。やっぱり」とゲストの矢口真里とゆいP(おかずクラブ)も同調した。

そこで平松は給料体制自体は月収だったと告白。「給料はけっこういい金額をもらっていた?」と河本が聞くと「そんなことはないです」と平松が答えると具体的な金額を河本と名倉は催促する。少しとまどいながらも「私がもう少し(給料)あげてというまでは、月15万円くらい…」と告白。想像以上に低い金額にスタジオは一瞬どよめく。しかし印税は別だったとか。「印税は(給料とは)別だったんですけど。すごく忙しかったんで(当時は)記帳に行っていなくて、何かよく分からなかったんですね」と言うと「たまに記帳に行くとどーんと入ってたわけでしょう?」と名倉が突っ込む。「母が代わりに行ってくれてたりしてたんで、あまりリアルな感じはしなかったんですね…」と平松は答えた。

すると河本が「番組が勝手に計算したんで、私じゃないですよ。計算したのは」と伝えると「計算!?」とテレビ局の段取りのよさ(?)に驚く平松。「番組の予想は1000円(CDの値段)×印税(作詞・作曲・歌唱)約5%×93.1万枚=約4655万円」だと伝えると、少し間をおき「(その「印税」)どこいったんやろ…」と平松が呟き、スタジオが笑いに包まれた。

次回は11月2日(木)。深夜0時12分から放送予定。