『真田丸』堺雅人&草刈正雄、久々の親子ツーショット!東京ドラマアウォード受賞

写真拡大

今年で10周年を迎えた「東京ドラマアウォード2017」の授賞式が26日、都内で行われ、大河ドラマ『真田丸』(NHK)で主人公・真田信繁を演じ主演男優賞を受賞した堺雅人と、信繁の父・真田昌幸を演じ助演男優賞を受賞した草刈正雄が出席した。

「東京ドラマアウォード」は、作品の質の高さばかりではなく、“市場性”“商業性”にスポットを当て“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰するもの。

長丁場の大河ドラマ主演という大役を果たした堺だったが「自分で考えて作ったのではなく、その時々で父・昌幸(草刈)や兄・信之(大泉洋)、主君(豊臣秀吉役の小日向文世)など真の主役が他にいたので、僕は助演を1年間積み重ねていった感覚なんです。脚本家の三谷幸喜さんを含め、いろいろな人に乗せられて信繁という人物ができたのだと思います」と周囲に感謝していた。

そんな信繁の父・昌幸を演じた草刈は、第38話「昌幸」で臨終したときには「昌幸ロス」と騒がれたほど視聴者から愛されたキャラクターだったが「本当に素晴らしい役をいただきました」と笑顔を見せると「僕はどちらかというと緻密に計算して演じるのではなく、ざっくりとつかむタイプなんです」と役作りへのアプローチ方法を語っていた。

受賞者のフォトセッションでは、堺と草刈が隣に並んで笑顔で談笑するシーンも見られるなど、久しぶりの親子ツーショットに胸躍るファンも多かったのではないだろうか。

この日は、堺や草刈のほかにも、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBSテレビ)で主演女優賞を受賞した新垣結衣、主題歌賞を受賞した星野源をはじめ、『あなたのことはそれほど』(TBSテレビ)で圧倒的な演技をみせ助演女優賞を受賞した仲里依紗や、作品賞<単発ドラマ部門>でグランプリを獲得した『破獄』(テレビ東京)で脱獄囚を演じた山田孝之、同優秀賞を受賞した『未解決事件file05.ロッキード事件』(NHK)出演の松重豊ら、豪華俳優たちが出席。

松重は「ロッキード事件という実在する題材を扱うため、プロデューサーからは“もしかしたら放送できないかもしれません”と言われていたんです」と裏話を披露すると「(松重が演じた)吉永(祐介)検事が、実際に残された資料をNHKのスタッフに渡していたのですが、その資料を見ながら(吉永検事を)演じる臨場感は、なかなかのものでした」としみじみ語っていた。