26日、中国新聞網によると、ローマを訪れた中国人観光客がサン・ピエトロ大聖堂付近の上空に無断でドローンを飛ばし、当局に事情を聞かれるというトラブルが起きた。写真はドローン。

写真拡大

2017年10月26日、中国新聞網によると、ローマを訪れた中国人観光客がサン・ピエトロ大聖堂付近の上空に無断でドローンを飛ばし、当局に事情を聞かれるというトラブルが今月23日に起きた。中国人観光客による同様の問題は今月に入って2件目という。

記事によると、ドローンを操作していたのは27歳の女性観光客。警察に対し、「きれいな景色を撮影して友人とシェアしたかった。ドローンでの撮影が禁止されているなんて知らなかった」と説明したそうだ。警察関係者はこの件について「知らなければ違法行為が許されるというわけではない」とコメントし、調査の結果次第では起訴される可能性があることを指摘している。

現地では今月上旬にも中国人観光客が禁止区域でドローンを飛ばすという問題が起きた。また、今年7月には仏パリの禁止区域でドローンを飛行させた中国人観光客が現地警察に逮捕されている。(翻訳・編集/野谷)