10月28日(土)、茨城県阿見町にある陸上自衛隊武器学校(土浦駐屯地)で、開設65周年記念行事が行われ、駐屯地が9時〜15時の時間帯で一般開放されます。

 土浦駐屯地はかつての土浦海軍航空隊、予科練があった場所。今も旧第二士官宿舎や医務科棟、号令台など、予科練時代の建物や施設が残っています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 そして今の土浦駐屯地は、装備品の整備を行う武器科隊員の術科教育を行う「武器学校」となっています。つまり、陸上自衛隊の保有している武器のほとんどが「教材」として存在しているという特徴を持っているのです。おかげで、90式戦車や87式自走高射機関砲など、北海道にしか実戦配備されていないような装備品が見られるという、関東地方においてはレアな場所。戦車の試乗も行われます。






 現用の装備品だけではなく、かつての装備品なども展示されています。アニメ『ガールズ&パンツァー』に登場する大洗女子学園の八九式中戦車や三式中戦車、また『ガールズ&パンツァー劇場版』で大学選抜の車両として登場した、M24チャーフィー軽戦車も。


 また、併設されている教育参考用の小火器・火砲の展示施設では、零戦に使われていた九九式二号四型20ミリ機関砲や、様々な小火器が展示されています。こちらには『ストライクウィッチーズ』でシャーリーが使っているM1918BARや、ルッキーニが使っているM1919A6、ペリーヌが使っているブレンMk.Iがあります。他にもアニメ『終末のイゼッタ』で主人公のイゼッタがまたがっていた対戦車ライフルのモデル、シモノフPTRSなども。

 珍しいところでは、イスラエルのガリルSAR、北朝鮮・朝鮮人民軍の58式自動歩槍、中国人民解放軍の56式歩槍という、AK-47をベースにした自動小銃も並べて展示されています。

 あいにく台風の影響で、当日は雨が予想されますが……雨天では戦車の試乗は行われませんが、一般開放自体は開催予定なので、装備品展示だけでも見ごたえがありますよ。

※画像は過去撮影したものです。

(咲村珠樹 / 画像・編集部撮影)