患者(向こう側ベッド上)を施術中の「エンマ」(南洋理工大学のプレスリリースより)

写真拡大

グリグリ部分が回転し背中のコリをほぐす通販のマッサージ器とは、はるかにレベルが違う。――AI(人工知能)で制御されたアームが的確に患者のツボを探り当て、背中や腰の痛みを軽くする「ロボットマッサージ師」がシンガポールに登場した。

しかも、中国伝統医学「中医学」にのっとった中国式マッサージを施術。経験豊富なプロのマッサージ師とほとんど区別がつかない心地よさという。

シンガポールの大学が開発、中医学の診療所で施術

この「ロボットマッサージ師」の名は「エンマ」(Emma)。シンガポールの南洋理工大学の研究者が立ち上げたベンチャー企業「アイトリート」(AiTreat)が開発した。南洋理工大学のプレスリリースによると、実際に2017年10月9日から中医学のクリニックで「治療」を始めている。人間の手のひらと親指を模したアームの先端を動かし、背中や腰に対して「推拿」(すいな)と呼ばれる中国式マッサージを行う。

「エンマ」には患者の腱や筋肉の硬さを感知するセンサーが装備されている。中医学の知見や膨大な患者の治療データが記憶されており、AI(人工知能)がそれぞれの患者ごとに最適な力加減を指示する仕組みだ。アームの先端はシリコン製で柔らかく、温めて使うため、プロのマッサージ師による施術と同じような心地よさを感じる。

開発チームリーダーのアルバート・チャン氏は、プレスリリースの中でこう語っている。

「マッサージは労働集約的な作業で、大きな労力と時間、コストがかかります。背中や腰など大きな力を要するマッサージをエンマに任せている間に、マッサージ師はエンマには対応できない首や手足、関節部分などの細かなマッサージに集中することができます。エンマがマッサージ師2人分の仕事をこなすことができるため、患者が支払う治療費が約半分に減り、クリニック側もマッサージ師の人件費を6割も減らすことができました。低コストで質の高い治療を提供できる一石二鳥のマシンです」